自己紹介(ロングバージョン)

ここでは、僕の自己紹介のロングバージョンをお伝えしていこうと思います。ショートバージョンでは書いてない、もっと僕の人生のことだったり、体験談だったり、色々と交えてお伝えしていきますね。(随時追加予定)

はっきりいって、ここに書いてることはめちゃめちゃ僕のことだから、あなたのビジネス成長のためになるようなノウハウ的なことは書いてないです。しかも、かなり長く書いてます。普通のブログの記事のような長さじゃないですよ。今この時点では14000文字を超えてますから!

だから学ぶために読むよなものじゃないから、暇あって、僕のことをもっと詳しく知りたいって思ってくれたら、ぜひ読んでみてほしいなと思います。

 

ライフビジネスプラン 代表

望むライフスタイルを実現するビジネスプラン作成コンサルタント

佐藤晶宏

 

僕の誕生~高校卒業まで

僕は1985年の4月6日に東京都日野市で生まれました。ごくごく一般の家庭で、両親と祖母、姉1人と兄2人で僕がいての4人兄弟、7人家族として僕は生活してたんです。一軒家に住んでて、そこから地元の幼稚園と小学校と中学校と高校に通いましたね。

幼稚園の頃は、運動はできても、かなりの破天荒というか、暴れん坊というか、やんちゃというか、とにかく危ないことばかりして怒られてばかりいたのを覚えてますよ(汗) ボール蹴ってた印象と怒られてた印象が強く残ってます。

 

小学校入ってからは、かなり早い段階で「僕は勉強苦手だ」と理解してました。だからはっきりいって勉強はしなかったし、テストも中学とかだと赤点って言われるような点数ばかりでした。運動、サッカー、走ることは得意で、そこの実技とかだけなら上位に入ってましたけどね。ちなみにリレーのアンカーは外れたことないですよ(嬉)

中学校ではサッカーにかなり打ち込むようになってました。ただサッカーが弱い学校だったから、都大会とかにも行けなかったんです(泣) でも高校では本気で強い学校に行きたくて、サッカー推薦で高校に行こうと思い頑張りました。でも・・・、3つの高校で受けたサッカー推薦は全て落ちましたけどね!

 

高校はサッカー推薦じゃなかったけど、サッカーはけっこう強い高校に入れて、毎日のように部活でサッカーを練習して、休日は試合でと今思うとかなりハードは生活を送ってたと思います。左サイドバック、ボランチというポジションでした。

実は3年生の時にこのサッカー部で良いことがあったんです! それは、僕がサッカー推薦を受けたうちの2つの高校と試合があった時、なんとその2つの高校の1軍相手に余裕で勝ててしまったことですね(嬉) はっきりと実力の差が出て勝てた感じでした! この高校のサッカー部に入って本当に良かったと思った瞬間です。

 

でも1つ悲しい現実もあって、サッカーの実力の差をもろに感じてしまって、完全に挫折しちゃったことですね。同期のチームメイト、先輩、他校の選手と戦うたびに、「これじゃあ絶対にプロなんかになれない」と心身ともに感じちゃったんです(泣)

僕は幼稚園から高校卒業までの13年間ほどサッカーをやってました。プロ目指して本気で打ち込んでたつもりだけどレベルの違いを感じて挫折。高校を卒業すると同時にサッカー辞めて、サッカー辞めてからは夢と呼べるものがなく、なんだか力が入らない3年間を送ることになっていきました。

 

夢がない最悪な生活時代

その3年間は、荒れてましたね(汗) パチンコにはまり、バイトも長くても3ヶ月しか続かなくて転々として、暇な時間にはゲームか寝るかしてました。親にもお金の面で全面的に助けてもらってる状態です。

僕が経験したことのあるバイトは、パチンコ屋、引っ越し、清掃、倉庫内作業、ピッキング、発送準備作業、ケーキ工場で手作りのケーキ作り、カフェでレジ&飲食作り&コーヒー豆販売、居酒屋、コールセンター、事務、受付、検品作業、レストランの皿洗い、スーパーのレジ係&品出し、スポーツジムの接客、警備員など、全部で20業種以上、40社は経験しちゃってます。

経験してるっていえば聞こえはいいけど、本当のところはただバイトが続かないで、早いとこでは1日、続いても3ヶ月とかで辞めちゃってたからたくさん経験してるだけですね(汗) そのほとんどがちょっとミスしちゃったからとか、人間関係で嫌な人がいたとか、どうしようもない理由で辞めちゃってます! もう今思っても呆れますね、、、。

 

でもそんな荒れてる時代も、カフェとケーキ工場のバイトをダブルワークでし始めてからは一転! バイトが楽しくて楽しくて、ちょっとでも早く行き、ちょっとでも長く働きました(笑) 週6で1日12時間は働いてましたよ! 年収300万円くらいでした。

少し責任のある立場にもなって、大事な仕事を任せれるようになってからはやりがいも大きく感じて、荒れてた3年間が嘘のような素晴らしく充実した生活を送れたんです! それも約3年間続けることができました。

 

そのあとは、訪問販売の営業の仕事について、営業成績はダメダメだったけど2年ほどはその会社にいました。4ヶ月で1件の契約も取れないほどのダメダメ営業マンっぷりでしたけどね(泣) 年収70万円くらいでした。

でもその営業会社は小さくて、社長合わせて6人しかいなかったんだけど、そこで働いた経験があったからこそ、僕は「起業」という道が遠いものじゃない、別世界のことじゃないと感じることができたんです。

なんで起業が遠いものじゃないって感じたかっていうと、その会社の社長がバリバリの起業家で、年商50億ほどの会社をゼロから立ち上げた経験もあって、今はまた小さいながらも起業している人で、その武勇伝を耳にタコができるほどに聞かせてくれたからなんです。本当に感謝してます!

 

起業するきっかけになったこと

営業の仕事をして起業が別世界じゃないと気付いて、僕はどんどん「起業」というものに惹かれていきました。そこで出会ったのがあるコーチングのセミナーの広告です。人生変わりそうだと思い即決でセミナーに申込みました。

もちろんセミナーなんてものに参加するのは初でした。もともと勉強が大っ嫌いだから、学ぶためにどこかに行くなんて絶対に嫌だと思ったんだけど、なぜか「このセミナーで人生変えたい!」と思い申込んだんですね!

で、その結果はどうなったかというと、はっきりいって人生が大きく変わりました。人生というよりは「考え方や価値観が変わった」といった方が正しいかもしれないです。そのおかげで自分に自信もめちゃめちゃつきましたよ(嬉)

 

そのセミナーで、同じ参加者の人たちの前で「1週間以内に起業する」ということを約束してしまい、それを実行に移すためにすぐに個人事業主として起業しました。セミナー受けて3日後には個人事業主になってましたね。とりあえずコーチング業で起業しました。

実はこれが、僕が起業をしたきっかけです。

実は僕は、「これがやりたいから!」というような強い動機や理由、情熱やミッションがあって起業をしたわけではないんです(苦笑) はっきりいって、その起業した当初は何も考えてなかったですよ。ただ勢いで起業しちゃったんですね。

 

起業してからの収入ゼロ時代突入

とはいえ、とにかく勢いで起業しちゃったわけなんだけど、僕のその時の考えでは「起業しておけば売上とか収入なんてなんとかなるだろう」と思ってましたね。そんなに難しいことなんてないって思ってたんです(汗)

でもそれは間違えでした(苦) コーチング業で起業してお客さんを集客しようって思ったときに、周りの人から「ブログやれば集客できるよ」的なことを言われたから、ブログ始めたんですね。その頃もめちゃめちゃ使われていたアメブロです。

で何書けばいいか分からないから、とりあえずは「僕に日常のこと、日記」を書いていきました。何食べたとか、どこ行ったとか、何を聞いたかとか、楽しかったこととか、映画の話しとか、アニメや漫画の話しとかです。

 

それで集客できたのか? 全くできませんでしたね(泣) どれだけ毎日頑張って書いても一人もお客さんを集客することで気なかったんです。

でもここで、僕の何も考えてないということが完全に浮き彫りになりました。なんでかというと、「集客できないと分かったことを1年くらい続けていた」からですね。半年くらいたったころに気づいてたのに、続けていたんです。

たださすがに、一年経っても一人も集客できないことに焦りを感じて、ちょっとビジネスのこと、集客のことを学んでみようかなと思ったんです。ここではじめて、ビジネスや集客の勉強を始める決意をし始めます。

 

ビジネス・集客を学ぶのに300万円、毎日3~5時間は学んだ学習時代

ここから僕は、起業して集客できてないことに焦りを感じて、ビジネスや集客のことを学んでいきました。はじめは本を2冊買って読むことにしました。2冊買ったのは僕なりに頑張った勉強するという決意した証拠だったと思います。

1冊目はダン・ケネディの究極のマーケティングプラン、2冊目はジェイ・エイブラハムのハイパワーマーケティングです。この2冊は本当に名著ですよ。もし読んでないなら、今すぐに買って何度も読み返すべきだと思います。

 

とにかくこの2冊を買って、5日間くらいかけて読み終えました。1日に最低でも3時間は読書に時間を使っていましたね。で読んでみると、これがめちゃめちゃ面白かったんです(楽)

正直、本に書いてる内容はほぼほぼ理解できなかったけど、なんか目から鱗な話がたくさんで、驚きがすごくあって、読んでいてワクワク感を覚えてきたのを今でも覚えてます。この2冊を読むことで、ビジネスや集客に何かを感じました。

 

そこからは、僕が今思ってもすごかったですね! まずはその2冊を5回ずつは読み返して、さらにほかにもビジネスや集客の本を買って読んで、たくさんのセミナーにも参加して、少額~高額の教材も買って、めちゃめちゃ学びました!

1ヶ月で本を10~15冊くらいを読んでいってたし、それを1年は続けていましたよ。そのあとだって毎月7冊くらいのペースは崩してませんでした。本を読むだけでも毎日3時間は使って学びまくってましたね。

しかもそのほかの教材やニュースレターでも学んでたから、毎日少なくとも3~5時間は学びに当ててたんです。多い時には12時間くらいは学んでた時もありますよ。まあ正直学びに時間かけすぎでしたけど(汗)

 

しかも金額で言ったら、1年で150万円くらい、2年で300万円はビジネスや集客の学びに使いました。昔の勉強が大っ嫌いだった僕からしたら考えられませんね! まさに学びに火が付いた時代です。すごく良い傾向の変化だったと思ってます(嬉)

そんなときに、僕は「これがやりたいな」って思い始めて、すぐにコーチングという職業から「コンサルタント」という職業に変えました! ここが僕がンサルタントをはじめた瞬間です(笑)

 

家族や友人たちからの批判とすれ違い

ビジネスや集客のことを学びまくって、どんどん知識が増えていったのは本当に良かったなと思ってます。それがなかったら間違いなく今の僕はありませんからね。ないこと考えたらめちゃめちゃ怖いですよ!

学んでいくと、さらに自分自身に自信が付いてきて、今までとは比べものにならないくらいに堂々としていられるようになりました(笑) 人前に出ても平気でいられそうな度胸も付いたと思います。

でも良いことばかりじゃなかったですね。

 

実はたくさん学んで自信が付いてきたら、家族や友人からは「お前なんか宗教入った?」とかって思われてちょっと変な目で見られちゃいました(泣) まったくそんなことはないのに、僕が変わったことでそう思われちゃった感じですね。

さらには、起業してまったく売上なくて収入ゼロだったこともあって、「お前、いい加減に普通に仕事しろよ」って言われたり、「起業なんてバカなことやめろ」って言われたりと、批判的なことも言われましたね(苦)

もう一つは、何かあるたびにビジネスのことに絡めた話しをするから、友人たちは僕と話すのがつまらなくなったとも言われて、かなりショックを受けました! まあ相手は起業家じゃないんだから当然のことですね。

 

でもそんなことをずっと気にしていたら、起業家としてビジネスが進まないと思って、家族や友人には負い目を感じながらも、歯を食いしばって僕は前に進むことにしたんです!

自信付いたことで打たれ強くなってもいました(ラッキー!) 学ぶ前はちょっとしたことで落ち込む男でしたから。

 

コンサルを受けてもらいたいのに、僕は・・・

ビジネスのコンサルタントとしてブログとかを使って集客したんだけど、正直な話し、僕が1人で学んでそれを実践するだけだと、年商ゼロ~50万円くらいまでしか上げることはできなかったんです(汗)

そんなときに、なんの本に書いてあったかは覚えてないんだけど「自分が受けたこともないサービスを、本当に素晴らしいサービスだと信じて、お客さんに提案することはできない」というような言葉を読んで、僕の根本的な間違いを理解できましたよ。

その間違いというのは「僕自身がコンサルタントを雇って、コンサルティングというものを受けたことが1度もなかった」んです。

 

僕は自分自身が受けたこともないコンサルティングというサービスをお客さんに提案してたということですね! よく考えるとこれはひどい状態です! 今思うと、よくその状態で提案しようと思ったなと驚きでいっぱいになりますね(驚)

例えば、コーヒーを飲んだこともないのに「これすごく美味しいよ」って友人に勧めるようなものですよね。Facebookで集客したことないのに「Facebookは集客に強いから使ったほうが良いよ」って言うのと同じです!

ということで、そんな僕の危険な間違いに気づいたから、僕はそれをちゃんとやろうと思って、インターネットでビジネスのコンサルタントを探して、良さそうだなと思った人に連絡を取って、その方の個別コンサルティングに申込むことにしました(緊張)

 

師の個別コンサルを受けてからビジネスが成長する

僕の師である方の個別コンサルを受けてみると、正直にはっきりと言うと、教えてもらってる内容というのはほぼ僕が今まで本やセミナーや教材などで学んで知ってることでした! 会話しててもほぼ全てのことを理解できましたよ。

でも、おそらくは同じ知識を知ってるのに、師はもうすでに自由な生活を送れるほどにビジネスがうまくいってました! 僕はと言うと、まだ年商50万円稼ぐのに精一杯という、貧乏生活を送ってたんですね(汗)

何がその違いを生んでるのか?

これは僕が師の個別コンサルを受けていたら、すぐに理解できました。難しいことでも何でもなかったです。その違いを聞いたら、あなたは「なんだ、そんなことか」と思っちゃうかもしれないですね(恥) でも勇気を持って伝えます。

 

1つ目は・・・

「専門家に客観的にアドバイスをもらう」

ということです。これをやってなかったことが、僕がコンサルタントとしてビジネスをうまくやれていなかった1つの原因でした! 1人で学んで、それを1人で実践してたんです。

やっぱり1人でやっていたら見えない、分からない部分って言うのはあるんですよ。師もいろんな分野のコンサルタントを付けてます。

 

2つ目は・・・

「圧倒的に行動量が足りてなかった」

ということですね。僕がやっていた行動量というのは、師からしたらあり得ないほど少ないものだったそうです。そんなんじゃあ結果出なくて当然だと言われましたね(泣)

だから僕は、師の教え通りに、師がやってきた行動量くらいをやると決めて行動していったんです!

そこからは、僕もびっくりするくらいにビジネスのスピードが上がって、コンサルを受ける前の1年と、コンサルを受けた後の1年では、年商が10倍変わって500万円を達成することができました(嬉)めちゃめちゃ嬉しかったですね!

 

集客に真剣に取り組んだやる気全開時代

僕が起業家としてビジネスをしていて、師のコンサルを受けてからは本当にやることが多くなりました! 正直、楽ではなかったですね(汗)

今までは知っていたけど手をつけていなかったことをしたり、苦手だからと使うのをためらっていたことをやったりと大変だったんです! そのはじまりは、「ブログとSNSを正しく使うこと」でしたね。

 

今までもブログとSNSは使ってはいたけど、本当のところなんとなく使っていただけでしたから。プロフィールとか投稿内容とか、いいねとかコメントとかフォローとか、ちゃんとしっかり考えて戦略を練って使っていたわけじゃなかったんですね!

僕がビジネスや集客を学びはじめて少し結果が出たのは、ブログやSNSからの集客じゃなくて、リアルでの集客です。師のコンサル受けるまではブログやSNSからの集客はまったくできていませんでしたから。そこを改善する必要があったんですね!

今の時代だから、これからちゃんと長期的にビジネスを見ていくなら、ネットからの集客は避けて通れない状態になってきてますよね! それは知ってたけど、ブログやSNSには苦手意識があってちゃんとやってなかったってことですね。

 

それで具体的に何をやっていったかというと、まずブログやSNSのプロフィールの書き直しして、ブログやSNSに投稿する記事の内容を定めること、それからできる限りたくさん投稿していくこと、毎日ブログに1~3記事投稿、毎日SNSに5投稿はしてましたね! あとはターゲット層の人に対していいねとか読者登録とか、フォローとかコメントとかをしていって、興味を持ってもらうことでした!

正直これは、かなり大変な作業でしたね(汗) 文字書くことがめちゃめちゃ増えて、頭が混乱というかトランス状態というか、何も考えられなくなっていた時もありましたよ! 書くのにも慣れてなかったし、、、。

基本的にはそうやって、ブログやSNSで興味を持ってもらってアクセスを増やしたら、メルマガに登録してもらうか、無料の対面個別コンサルティングに申込んでもらうか、その2つだけを提案するようにしてました! もちろんメルマガに登録してもらうということは、メルマガへも記事を書くことになるからちょっと涙ぐんだ時もあります(涙)

 

でも実は、それだけじゃなかったんです!! なんとメルマガに登録してもらうために必要になる「無料PDF冊子」も作ることになって、これは師とのコンサルで決めて50ページ以上のPDF冊子を作ることになってました(泣) 50ページはこのころの僕には嫌になるほど長かったです!

でもそうやって、大変で涙ぐみながらも頑張ってやっていたら、ブログやSNSやメルマガからのお客さんの反応も変わってきて、メルマガ登録や個別コンサルへの申込みもしてくれる方も現れて、どんどん良い流れに変わっていったんですね(嬉)

これはこうなってみるとすごく分かるんだけど、お客さんからの反応が変わって申込みとかが増えてくると、ブログやSNSやメルマガを使うのがめちゃめちゃ楽しくなってくるんです! もっと記事を投稿したり作業したくなりますよ(笑) その状態になるまでは、「これで良いのか?」という不安や疑問が湧きまくりますけどね、、、。

 

この仕事に大きく情熱やミッションを感じ始める

この頃から、僕はこのビジネスコンサルタントという職業に「本気でやりたい!」っていう情熱が出てきました(^_-)

なんとなく急にそうなったんじゃなくて、師とのコンサルを受けて、情熱やミッションについての話しをじっくり時間かけてしていたら情熱出てきたんですね! これも1人だったら未だに具体的には分かってなかったと思います。 情熱が出てきてからのビジネスは本当に楽しくなりましたよ(笑)

 

ブログやメルマガ書くのも、人脈作りに行くのも、SNSとかで関係作るのも、コンサルやセミナーするのも、教材作るのも、ビジネスアイディア探すのも、ビジネスや集客のことを学ぶのも、全てのことが楽しくなったんです!

さらにはミッションと呼べるものも形になっていくと、より責任感を持ってビジネスに取り組めるようになりましたね! その頃まではミッションを甘く見てたけど、いざミッションが見つかると、ミッションなくビジネスやってたことが怖くなりました。個人起業家としてビジネスやってくなら、しっかりと持っておくことがめちゃめちゃ重要だと思います。

 

というわけで、ここでは僕のミッションが何かお伝えしちゃいますね! ミッション(使命)っていうと難しそうでよく分からないことがありますよね。僕もはじめはまったく意味が分かってなかったですから。多くの方は僕と同じだと思いますよ。

なので僕がミッションをお伝えすることで、あなたのミッション作りのちょっとした参考になれば良いなと思ってます。

 

僕のミッション

【収入と時間の両方で望みを叶えられる起業家を増やし、ワクワクした気持ちで仕事してる大人ばかりにして、子どもたちに将来のワクワクできる夢を見せられる大人を増やすこと!】

 

僕のクライアントさんのビジネスでも良い結果が!

師とのコンサルを続けて、ビジネスに情熱やミッションを見つけられて、売上や収入も増えていった頃、最高に嬉しいできことが起こりました! それは「クライアントさんのビジネスが成長したこと」ですね(嬉)

今までは成果がしっかり出るというよりは、どっちかというと添削とかちょっとしたアドバイスだけをしていた状態だったから、目立ってクライアントさんの成果って出てなかったんです。 でもついに、僕にお金を払ってクライアントさんになってくれた方のビジネスが、目に見えて成長していきました!

 

教室ビジネスしてる方で、今までは生徒数が5人しかいなくて困っていた状態だったのが、僕とのコンサルで決めたことをやっていくことで、生徒数が30人までに一気に増えて、しかもサービスの価格も上げていたから売上も10倍くらいにまで上がったんですね(笑)

その方のコンサルを始めて5ヶ月目のことでした。   この時には、この成果を毎月行っていた個別コンサルの時に教えてくれたんだけど、嬉し過ぎてめちゃめちゃ興奮しちゃいました! 体が熱くなって、ドキドキしてて、笑顔が抑えられなかったですよ!

でもクライアントさんの前ではできる限り平常心を保ってたつもりだけど、まあバレバレだったと思いますね(照) コンサル終わって、家に帰る途中には何回もガッツポーズしてました! けっこう声も出ちゃってたと思います(恥) 多少人目は気にしてましたけどね。

 

あとはクライアントさんの成果だけじゃなくて、僕の個別コンサルの形も変わってきていて、僕の個別コンサルを受けてくれていたクライアントさんたちの僕に対する反応も変わってきたんです。

今までよりも確実に真剣になってくれていたし、よりお互いがビジネスパートナーのような関係になってたし、コンサルに対して満足してくれてる声も増えましたね(笑)

「そんな考えや見方は思いつかたなったです」とかも言われるようになって、本当に嬉しかったです!

 

ビジネスの幅を広げようと代行サービスを始めたけど(泣)

僕のコンサルタントビジネスが軌道に乗ってきた頃から、僕はもう1つのビジネスを今のビジネスに付け加えたいなーって思い始めてましたね。それをやっていけば、もっとビジネスが成長すると思ってたんです!

そのビジネスは何かというと「広告作成の代行サービス」ですね。

実は、コンサルタントとして知識を増やすために、本やセミナーとかでたくさん学んできたんだけど、それと同じくらいにその魅力に引き込まれて学びまくったのが、この広告作成だったんです。本当に面白い分野でしたね(楽)

 

広告作成っていっても、はっきり言ってめちゃめちゃ奥深いですよ!

3種類のリサーチ、ビックアイディア、USP、ヘッドライン、サブヘッドライン、オープニング、ブレット、クロージング、保証、追伸、オファー、写真、ストーリーなどなど、そのほかにもたくさんのことを意識しながら時間かけて作っていくものが広告ですから(汗)

 

でも僕は「たくさん学んだんだから大丈夫だろう」と思っていて、さっそく広告作成代行サービスをはじめてみたんですね! まずは今いるクライアントさんに勧めてみたところ、すぐに1人の方が申込んでくれました。すごく嬉しかったのを今でも覚えてます(笑)

しっかりお金を頂き、約2週間かけて作った広告を使うときがきました! 頑張って作った僕の中でのかなりの自信作です!

 

その結果はどうだったのかというと、その広告からの反応率・申込数はなんと0(泣) 正直、めちゃめちゃ焦りました! というよりは、広告作成代行サービスを申込んでくれたクライアントさんに合わす顔がなかったですね、、、。あのときは、本当にごめんなさい!

もう恥ずかしくて、合わす顔なくて、申し訳ない気持ちでいっぱいで、支払ってくれたお金どうしようとか、怒られるんじゃないかとか、大問題になるんじゃないかとか、いろいろ考えて不安に押しつぶされそうになってました(沈)

 

広告代行サービスのプロに作った広告を添削してもらうと

どうしても良い結果が出なくて、半泣きになりながら頭抱えて悩んでたときに、ふと思い出したんです「自分のビジネスは師のコンサル受けてから成長した」ってこと!

たしかに、僕は広告作成の勉強をかなりたくさんしてたから、今持ってる知識をがんがん使えば高い反応率を得られる広告を作れると過信し過ぎてた感じがしますね。ビジネスも軌道に乗ってるから、広告作成のビジネスも1人でやってうまくいくだろうって、、、。全然あの失敗から学習してなかったです(泣)

 

とにかく、また気を取り直して広告作成のプロに僕の作った広告を添削してもらうことにしたんです! このへんはタイミング良いことに、ちょうど広告を添削してくれるサービスが付いてるコースに参加してたから、気づいたその日のうちにそのサービスを活用しました!

添削完了まで1週間くらいだということ。 添削が返ってくるまでの間に、僕は自分で「この広告のどこがダメだったのか」を考えてましたね。正直な話し、まったく悪いとこなくて完璧にしか見えなかったですね(汗)

だから僕がおかしいんじゃなくて、この広告を見てる読み手がおかしいんじゃないかって思っちゃってました。今考えると、読み手であるお客さんのせいにするなんて、どうしようもなく無責任で大馬鹿野郎です(怒)

 

そんなことしてる間に、広告が添削されて返ってきたんです。その添削結果を見ると、ほぼ全部が直されてました! 始めから終わりまで赤ペンでの直しだらけ! もうプロの目線から容赦なく、けちょんけちょんにされましたよ(泣)

それ見たときは、僕の薄っぺらいプライドがズタズタになってて本当に大人泣きしましたね(>_<。)

 

そうやって落ち込んだあとに、気を取り直して、添削されてたとこを添削されたとおりに忠実に直していきました。まあほとんどをはじめから作り直したって言ったほうがあってますね!

それで添削サービスを活用して作り直した広告をいざ、リベンジで使ってみたところ、クライアントさんのサービスに6人の新規申込みを得ることができたんです(嬉)

「プロに客観的に添削してもらって良かった~」って本気で思いましたね! ここからの僕の広告作成代行サービスは、ほんの少しずつだけど上向きに成長していってます。

 

ずっと僕のメインとなる肩書を改善していた

ここでちょっと、話しがビジネスや集客のことを学びはじめた頃の、まだビジネスが軌道に乗ってきてないときまで戻ります。何で戻るのかというと、僕の肩書の話しをするにはそこまで戻さないと伝えたいことが伝わらないからですね。

実は僕は、肩書をかなりの回数変えてるんです! 集客のことを学びはじめてすぐくらいからなんだけど、肩書が重要だと知ってから肩書を考えてたくさん変えていきましたね。

 

まあその理由は何かというと、「何やりたいのか定まってなかった」っていう個人起業家としては危険な理由でした(汗)

じゃあいったい、今まで僕がどんな肩書を使ってきたのか? ここから1つ1つ見ていきたいなと思います。本当にいろいろとたくさんあるから、「何やってんだ」って笑われちゃうかもしれないです(恥)

 

・売上アップコンサルタント

・マーケティングコンサルタント

・集客コンサルタント

・新規客の集客コンサルタント

・リピート客の集客コンサルタント

・紹介から売上アップコンサルタント

・ダイレクトメールの書き方コンサルタント

・DMから紹介を獲得する方法を教えるコンサルタント

・はがきでリピート率をアップさせるコンサルタント

・チラシ作成コンサルタント

・集客できるチラシの作り方コンサルタント

・チラシ作成代行人

・カフェやレストランなどの飲食店専門 集客コンサルタント

・飲食店専門のチラシ作成代行人

・美容院の新規集客コンサルタント

・教室集客のチラシ作成代行

・教室集客コンサルタント

・USP(独自の強み)作成コンサルタント

・USP集客プロセス考案コンサルタント

・望むライフスタイルを実現するビジネスプラン作成コンサルタント

 

こんなに肩書を変えてきてました(汗) 数えてみたら、なんと20個もの肩書作って使ってたんですね。なかには1週間くらいでやめた肩書もあるし、1ヶ月以上続いたものもありますよ! このなかで長く続いたのは

・教室集客コンサルタント(1年半くらい)

・USP集客プロセス考案コンサルタント(半年くらい)

・望むライフスタイルを実現するビジネスプラン作成コンサルタント(これを書いてる2017年5月の時点で9ヶ月で現在進行中)

の3つですね。ここまで肩書を変えてきて、まったく自分に合わないなと思ったものとか、やっていて楽しいと感じなかったりとか、なんかもやもやがあったりとかしたのもありますよ! でも長く続いた3つはしっくりきてたし、やりたいと思える肩書だったんですね(笑)

 

で、今の肩書になってる「望むライフスタイルを実現するビジネスプラン作成コンサルタント」になってからは、すごくスッキリして気持ちでビジネスできてるし、楽しくて、本気で伝えたいって情熱感じるし、僕にすごく合ってるなって思ってます(嬉)

正直な話し、ちょっと変えすぎな感じもするけど、僕的には変えてきた甲斐があったなーって思いますよ! しっくりこないままビジネスしてるほうが、自分にも良くないし、お客さんやクライアントさんに悪いですからね! おそらくは、大きなコンセプトとしてはこれでもう変えないと思います。小さくは言葉変えてテストするかもしれないけど。

 

定まった僕の肩書の意味

僕の今の肩書は「望むライフスタイルを実現するビジネスプラン作成コンサルタント」なんだけど、ちょっとここでそれがどんな意味なのかを説明しようかなーって思います! 何でこの肩書がすごくしっくりきたのか、どこにワクワク感じるのか、なんていうお話ですね(笑)

これをこのロングバージョンの自己紹介に書こうと思ったのは、おそらくはこの先もこの肩書のコンセプトの大枠は変わらないと思ったからですよ! そのくらいバチッとはまったコンセプトなんです(最高)

 

で、まずこの肩書のコンセプトがしっくりきたのは、「売上のこと、収入のことなど、ビジネス中心で優先な考えじゃなくて、まずはその人の望むライフスタイルありきのビジネス」なんだってことが、僕にはめちゃめちゃ納得したとこなんですね!

やっぱりビジネスだけ、仕事だけの人生なんて、どれだけ収入があってもそれは不幸な人生だなーって僕は思ってます。だから、よくビジネス中心で優先の考えや方法を教えてるコンサルタントを見ると「これってなんか違うんだよな」って思ってましたから!

その人の望むライフスタイル、プライベートを実現していくためにも、その一つの叶える方法としてビジネスがあると僕は考えてるんです(閃)

 

でもこの話すると、「じゃあ自分の望むライフスタイルやプライベートを実現できるなら、ビジネスに情熱やミッションなくて良いんだ」と考えちゃう起業家とかいるけど、そうじゃないですよ!

もしそのビジネスに情熱やミッション感じられないなら、そもそも起業家としては長期的に成長してくのは難しいと思います。だって、そんなんじゃあ、やる気もモチベーションも高まらないし、お客さんにだってそのビジネスにかける想いの強さを伝えられませんからね(厳)

だから、ちゃんとビジネスに情熱やミッションを感じれて、なおかつ望むライフスタイルやプライベートを実現できるように組み立てるのが大事だと言うことですよ! その結果ビジネスもうまく成長していけるプランを作るのが、僕がクライアントさんに伝えてることなんです!

 

ライフスタイルの実現こそ、起業家に重要視して欲しい!

それで僕が、この肩書・コンセプトのどこにワクワクを感じてビジネスできてるのか? それは、、、

ただ単に「どうやったら売上目標を、実現できるのか?」という視点じゃなくて、「どうやったら、望むライフスタイルに合わせたビジネスにできるのか?」という視点でクライアントさんと話していくから、めちゃめちゃ楽しいんですね(楽)

望むライフスタイルに合わないんだったら、やらないとか、どうにかしてそれを実現できる方法を考えていくんです! やってみると意外とちゃんと見つかりますから(笑) そのクライアントさんの人生や生活の話しをして、それにビジネスを合わせていくんです!

 

これはいろんなクライアントさん、個人起業家の方と話してると分かるんだけど、その人それぞれで望んでるライフスタイルとかプライベートって全然違うんです! だから、その人の望んでる形に合わせてビジネス作らないと、つまらない大変なだけのビジネスになっちゃうんですね(汗)

楽しくなく、ワクワクしなく、ただ生活のためだけにビジネスすることになるのは、起業家として嫌じゃないですか?

しっかりと起業家として、望んでるライフスタイルやプライベートを実現していくことを重要視して欲しいと思ってます! どんなにビジネスがうまくいって収入が増えても、ライフスタイルやプライベートが充実してないなんて、起業家としては不幸な状態ですから(悲)

 

肩書が定まったころ、出版の話しが来る

という感じで、僕がしっくりくる肩書が定まって、ワクワクや情熱を感じながら楽しくビジネスを進めていきました! 個人起業家として、安定してビジネスを成長させられていて、「そろそろ何か新しいことがしたい」って思ってた頃でしたね。

ちょうどそんな時でした。僕がやっていたブログのお問い合わせフォームから1通のメールが届いたんです。ブログのお問い合わせフォームから来るメールの多くは営業関係が多いから、「また何かの営業メールかな」と思いながらなんとなくメールの件名を見ると、そこにはこんな感じの言葉が書いてありました。

「出版依頼についてメールしました」

 

なんと僕に本を出版しませんかという依頼が舞い込んできたんです! 正直に僕はめちゃめちゃ嬉しかったです(笑) でもはじめはけっこう不安な気持ちもありましたけどね。その不安な理由は「僕よりもすごい起業家はたくさんいるのに、僕が出版しても良いものか」っていうやつですね・・・。

だって、僕がコンサルしてもらった僕のビジネスの師もまだ、依頼が来ての出版はしてなかったんです。だから僕はどうして良いか分からなかったから、師に相談しにいきました! そうしたら、師にこう言われましたね。

「せっかくの機会だしチャンスなんだから断る理由はないでしょ!」

 

たしかに断る理由はないんです。ただ僕が躊躇してただけで、師から言われた通りなんですね! よくよく師から聞いてみると、「俺は出版には興味ないし、正直な話し文章書くのあまり好きじゃないから依頼来ても断るよ」だそうです(汗)

ということで、またまた師から勇気づけられて、その出版の話しを受けることにしました! いざ受けると決めると、「よし、書くなら本気で読者の役に立つ本を書くぞ!」って燃えてきましたね(熱) さらに僕のビジネスの重要なコンセプトを多くの起業家に広めるチャンスだと、ようやく理解したのがここですよ。

 

ここからはまた、随時追加していきますので、お楽しみに!

 

出版社の編集者の方とお会いして打ち合わせ

 

お互いのミッションに共感できる起業家との出会い

 

 

起業家パートナーとしてゼロからビジネスの立ち上げに協力

 

 

起業家パートナーのビジネス戦略完成後、ホームページ作成に協力