カウンセラーのweb集客方法(基礎編)

記事が役に立ったら、いいね!お願いします:

ここでは、どうやったらカウンセラーがwebからの集客方法で顧客を獲得できるようになるのか、そのために絶対にやるべき7つのステップや、ウェブからの集客方法を失敗させないために押さえておいてほしい基礎、web集客方法の肝となる「記事の書き方」についてお伝えしています。

 

こんにちは、佐藤晶宏(さとう まさひろ)です。僕は個人起業家に対してブログを使った集客方法、それぞれの方に合わせた集客方法を、おもに個別コンサルティングを通してアドバイスしてます。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

 

この記事のもくじ

【第1部】カウンセラー集客方法:web編


ここからは、カウンセラーのwebからの集客方法についてお伝えしていきますね。カウンセラーとして起業したとしても、やっぱりもっとも苦戦するのが新規の顧客集客です。正直うまく集客できてない起業家がほとんどですよ。

その中でも、今の時代だからこそみんなが使っているweb集客方法で苦戦する人が多いです。ブログやSNSなどを使ったweb集客方法ですね。あなたはwebからしっかりと顧客を集客できてますか? もしできてないのであれば、ここで間違った使い方をしていないか確認してほしいなと思います。

 

|第1章 カウンセラーのweb集客方法の基礎


ではここでは、カウンセラーとしてwebから顧客を集客していくために、絶対に押させておいてほしい基礎を見ていきましょう。絶対に押させておいてほしい基礎は次のものになりますよ。

 

【基礎1】ターゲットの欲しいものを提案する

【基礎2】無料で与えるカウンセラー集客方法

【基礎3】読者はカウンセラーを疑ってる

【基礎4】ほかの競合がたくさんいると理解する

【基礎5】カウンセラー集客方法に時間をかけるか、お金をかける

【基礎6】webサイトのデザインがすごいから集客できるわけじゃない

【基礎7】web集客方法はほっておいても集客できない

 

今挙げたのは、カウンセラーとしてwebから顧客を集客していくときに、これだけは押さえておいてほしい最低限の7つの基礎になります。ここが理解できてないことで、webからのカウンセラー集客方法で失敗してる起業家が多いんです。そうならないためにもここで、基礎ができてるか確認してみましょう。では1つ1つ詳しく見ていきますね。

 

【基礎1】ターゲットの欲しいものを提案する


まずカウンセラーのweb集客方法で押さえておくべき基礎は、あなたがターゲットとして定めた人が欲しいと思ってるものを提案しましょうということですね。

これってめちゃめちゃ大事なことなんだけど、多くのカウンセラーが見落としがちなポイントなんですよ。でもこれ間違ってると集客はできないんです。

 

カウンセラーとして伝えたいことや、提案したい商品やサービス、自信ある専門的なことってあると思うけど、それを自分目線で作って提案しちゃうってことがよくあるんです。

でもそれは、自分目線で自分が満足するような感じで作っちゃうから、はっきり言ってターゲットが欲しいものじゃないことが多いんです。自己中な商品やサービスになってるということ。

 

よく考えてみると当たり前のことなんだけど、ターゲットとしてるお客さんだって、自分が欲しいと思えない商品やサービスなんて欲しくないです。つまり買わないんです。

カウンセラーとして伝えたいことと、ターゲットが知りたいとか欲しいと思ってる部分って、けっこう違ったりするんですね。違うからこそ、そこを合わせていかないと売れないんです。

 

見込み客を集めるための商品でも、利益を得るための商品でも、リピートしてもらうための商品でも同じことですよね? 大事なのはカウンセラーとして伝えたいことじゃなくて、ターゲットが欲しいと思うものなんですよ。

そこをしっかりとリサーチして、そのリサーチを元にしてあなたの商品やサービスを作ることで、ターゲットが欲しいと思う商品やサービスを作っていくことができるんです。なので、ターゲットが何を欲してるのかちゃんとリサーチするのを忘れないようにしていきましょう。

 

【基礎2】無料で与えるカウンセラー集客方法


カウンセラーがwebを使って顧客を集客する方法の基礎の2つ目は、無料で与えるというポイントになりますね。ここはめちゃめちゃ大事な基礎ですよ。

無料で与えるっていうのは、あなたの商品やサービスの中で無料で提供できるものをたくさんお客さんに与えるということ。カウンセラーとかのアドバイス系ビジネスなら、無料レポート、無料音声、無料セミナー、無料DVD、メルマガ、ブログ記事などです。

 

こうやって無料でお客さんに与えていくことで、お客さんに安心感や信頼感を与えて、あなたのことを知ってもらうきっかけになり、関係を築いていくことができるんですね。

さらには、「無料で何かもらったら、お返しをしないといけない」という返報性の原理がはたらいて、あなたの商品やサービスを買いやすい状態になるんです。

 

ここでのポイントは、できる限り出し惜しみをせず、「これを無料であげちゃうの?」と自分でもすごく価値があり過ぎるんじゃないかと驚くくらいのものを与えることですね。

ここで安っぽいもの、価値が低いものを与えても信頼感は結べませんからね。無料とは言っても、かなりの有料版くらいの価値を与えるようにしてほしいと思います。

 

【基礎3】読者はカウンセラーを疑ってる


あとカウンセラーがwebから集客するための基礎で大事なのは、あなたのブログやSNSの記事を見る読者っていうのは、あなたを疑ってるということですね。

まあこれはカウンセラーに限ったことじゃなくて、アドバイス系ビジネスの起業家みんなに当てはまります。基本的に信じてくれてないんです。

 

読者があなたのブログやSNSの記事を見るときに、あなたという人、あなたの書いてる記事の内容を「まだ」信じていないということ。ここを頭に入れておいてほしいんですね。

ここで大事なポイントは「まだ」信じてないという部分。つまり、あなたの対応次第では、読者はあなたのことや記事の内容を信じてくれるようになるということなんですよ。

 

じゃあどうしたら信じてくれるようになるのかだけど、それにはいくつか方法があります。その中でもオススメの3つの方法をお伝えしますね。

1つ目は「お客さまの声を載せる」こと、
2つ目は「プロフィールをしっかり書く」こと、
3つ目は「読者に【うん、うん、そうなんだよね】と共感される記事を定期的に書くこと」ですね。

 

お客さまの声は第三者の声だから信頼性あるし、プロフィールであなたという人が分かるから安心につながり、共感できる記事があると「この人は私のことを分かってる」と思ってもらえるという流れになりますよ。

あなたはしっかりと、あなたのブログやSNSの記事を読んでくれる読者に、信じてもらえるように今挙げた3つのポイントを書いてますか? もし書いてないなら今すぐに書き始めましょう。

 

【基礎4】ほかの競合がたくさんいると理解する


カウンセラーがwebから顧客を集客するためには、この基礎の4つ目の「競合がたくさんいると理解する」というのはめちゃめちゃ大事なポイントですよ。

今の世の中にビジネスはたくさんあるし、個人起業家もたくさんいるし、アドバイス系ビジネスも店舗型ビジネスもたくさんあるし、カウンセラーだってたくさんいます。

 

つまり、もしお客さんがあなたから買わなかったとしても、間違いなくほかの同じようなビジネスをやってる起業家のところの商品やサービスを買うということなんですね。

これを頭に入れておいて、それにどう対処すれば良いのかだけど、少し集客方法を学んでいたらこの答えは簡単なことですよ。その方法はこれですよね。

 

「他社との違いを作る」

あなたがほかの競合、ほかのビジネス、ほかの起業家とどう違いのか、何が違うのかを見つけて作るってことですね。

なんでこれが大事なのかというと、たくさん競合がいる中であなたを選んでもらう理由が必要になるからです。その理由があるからこそ、お客さんはあなたを選ぶということですね。

 

ただ他社との違いを見つけるときによくある間違いは、「とんでもない他社との違い」を作ろうとすることですね。でも正直そんなとんでもない違いを作る必要は全くないですよ。

あなたの商品やサービスが、他社と少し違う部分を「たった1つ」作れば良いんです。これが「お客さん目線」で作ることができると、webから集客しやすい状態になるんです。

 

【基礎5】カウンセラー集客方法に時間をかけるか、お金をかける


これはカウンセラーとして顧客を集客していくための考え方なんだけど、実は顧客を集客するための集客方法には2種類しかないんですね。

 

1つ目は「時間をかけて集客する」

ということ。時間をかけるというのは、無料のブログやSNSなどを使って、コツコツと努力を続けて集客していくという方法ですね。

いいねや読者登録、コメントやメッセージ、SEO対策を時間をかけてしていって、できる限りお金をかけないで集客していくんです。集客に使えるお金がないならこの方法を使うしかないんです。僕も起業当初はこれに専念してましたね。

 

2つ目は「お金をかけて集客する」

ということ。これは、インターネット広告を使ったり、代行サービスを使ったりして、あなたがお金を使って集客していくんですね。お金使う代わりに結果出るのは早いですよ。

もし集客に使えるお金が毎月最低でも3万円以上あるなら、すぐにでも使っていってほしい集客方法ですよ。GoogleやYahoo!やFacebookなどのPPC広告を使うのがオススメですね。これは僕も今も使い続けています。

 

カウンセラーがwebから顧客を集客するためには、大きく分けるとこの2つしかないんですね。あとはあなた自身がどっちを使っていくのかということですよ。

時間をかけるのは無料の代わりに大変で、かなり多くのカウンセラーは集客できる前に諦めちゃうこと多いですね。お金かける集客方法も結果が出るの早いけど、良い結果出せる広告を作るのをしっかり勉強しないと大失敗しちゃいます。しっかりと、あなたに合った集客方法をまずは見極めてから、使っていきましょう。

 

【基礎6】webサイトのデザインがすごいから集客できるわけじゃない


カウンセラーがwebから集客しようするときに、これは本当によくある間違いなんだけど、webサイトのデザイン性にこだわり過ぎるというものがよくありますね。

webサイトがすごくデザインがかっこ良かったりすると、なんか集客できそうだと思うんだけど、実はデザイン性にこだわらなくなって集客できるんですよ。むしろデザイン性にこだわったら集客できない可能性がありますよ。

 

例えば、できる限る文字を少なくして斬新なデザインを目立たせて、とにかくシンプルな感じのwebサイトにするといった感じですね。これはよく見ますよ。

でも「そんなデザインにするから集客できる」というわけじゃないということを覚えておいてほしいと思います。かっこいいデザインというのはサブ的な要素であって、「大事なのは何を伝えてるか」ということなんですよ。

 

あなたが伝えたいこと、読者が知りたいことという伝える言葉があり、それをより魅力的に見せるためにデザインがあるということ。カウンセラーとして集客するためのwebサイトでは、デザインはサブだと思ってくださいね。

今うまくいってるカウンセラーのサイトを見てみましょう。デザインが素晴らしいサイトにはなってないですよね。集客できるwebサイトにはまずは言葉、文字が重要なんです。そこをちゃんとやってから、それを魅力的に見せるためのデザインを考えてみていきましょう。

 

【基礎7】web集客方法はほっておいても集客できない


これはカウンセラーのwebからの集客方法で、かなり多くの人がやってしまいがちな間違いの1つになってますね。まだまだこの間違いを犯してる人が多いです。

それは何かというと「web集客は、ブログやホームページがあれば勝手に集客できるようになる」という思い込みです。これははっきり言ってただの思い込みですから。

 

実際に僕も、起業した当初はこの間違いをしてて、ホームページ作ったはいいけど何もしてなかったことがあります。その結果は集客数0人、売上0円でした。

このホームページはお金がないときに借金してでもなんとか用意して、約60万円かけて作ったものだったけど、この結果ですよ。これを見ても分かる通り、web集客方法の基礎として、ほっておいても集客できないと理解しないとダメなんですね。

 

じゃあどうすればいいかだけど、ちゃんとwebからの集客方法を学び、webからの集客の流れを作り、あなたのサイトを集客できる形にして、あなたのサイトにアクセスを集める努力をしていくことが重要になってきますね。

詳しい方法は別でお伝えするけど、とにかくここで覚えておいてほしいのは「何もしないでweb集客方法はうまくいかない」ということですよ。これを肝に銘じてカウンセラーとしてweb集客方法に取り掛かっていきましょう。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

 

|第2章 カウンセラー集客方法の7ステップ


ここからは、カウンセラー集客方法の具体的な7ステップを見ていきますね。この7ステップを実践していくことは、カウンセラー集客方法の基本となります。

 

【ステップ1】カウンセラーとしてのターゲットを決める

【ステップ2】ターゲットが欲してるオファー作り

【ステップ3】カウンセラー集客方法をどれにする?

【ステップ4】SEO対策のキーワード選定(超重要)

【ステップ5】ブログタイトルをターゲットが興味持つように作る

【ステップ6】読者が求める記事を書こう

【ステップ7】カウンセラー集客方法にアクセスを集める

 

あなたはこれから、この7ステップのカウンセラー集客方法を参考にして、しっかりとweb集客方法の形を作っていってほしいなと思います。今の時代はwebから集客できるようになることは超重要なポイントになりますからね。では1つ1つ順番に見ていきましょう。

 

【ステップ1】カウンセラーとしてのターゲットを決める


まずカウンセラー集客方法でやるべきステップ1は、あなたが誰をターゲットにビジネスをしていくのかということを決めるという部分ですね。

ターゲットというのは、集客していくためには絶対に決めておかないとダメなポイントですよ。ここを疎かにしちゃってる個人起業家はかなり多いんです。

 

ターゲットを定めてないということは、ダーツで、狙う的がない状態で投げるようなものですよ。つまり、空中にただ投げるだけです。これで的に当たるわけがないですよね?

集客方法でこれをしちゃうと集客できませんよ。老若男女誰でも良いから買ってくださいというような宣伝になるんです。これじゃあ「それ欲しい!」と思わせるような集客方法にならないんですね。

 

多くのカウンセラーが、集客に苦戦しちゃう原因として多いのは、このターゲットをしっかりと分かりやすく決められてないからというのがあります。

あなたはカウンセラーとして、誰を集客したいのか、誰の役に立ちたいのかというターゲットを明確に決めていますか? もし決めてないなら、ここでしっかりと決めていってくださいね。

 

オススメのターゲットの3つの絞り方

ではどうやって、カウンセラーとしてあなたが狙うターゲットを定めていけばいいのか? 個人起業家としてターゲットを定めることが重要だと分かったら、次に出てくる疑問がこれですよね。

ターゲットの定め方にはいろいろあるんだけど、ここでは僕がオススメする3つの絞り方についてお伝えしたいと思います。まずはこの3つで絞ってみてくださいね。

 

絞り方1「ターゲットの基本情報で絞る」

まずは、ターゲットの年齢や性別、住んでる場所や収入、職業や役職、関心ごとや趣味などで絞っていくという方法ですね。これは一番使いやすくて簡単なターゲットの絞り方ですね。まずはこの方法でターゲットを絞ってみましょう。

 

絞り方2「特定の問題や欲求で絞る」

次は、ターゲットの抱えている問題や欲求の中でも、あなたが解決できる問題や欲求を特定して、その訴求ポイントで絞っていくというのもオススメですよ。その特定の問題や欲求を解決できる専門家としてあなた自身を位置付けられる方法でもありますね。

 

絞り方3「理想のターゲット像で絞る」

あとは、あなたが「こんな人に来てほしい、こんなお客さんが理想だな」と思うターゲット像を書き出して、その理想のお客さんでターゲットを絞るというのも使ってほしいです。あなたが情熱を持てて、この人に役に立ちたいと思える人だけを相手にビジネスできたら素晴らしく楽しいですからね。

 

実際に、今挙げた3つの方法を使ってターゲットを絞っていくときには、1つだけの方法を使うんじゃなくて、2つか3つを組み合わせて使うことをオススメします。

1つだけだと、ちょっとターゲットとずれてしまうことがよくあるんですね。しっかりとここで、あなたのカウンセラーとしてのターゲットを定めていってほしいと思います。

 

【ステップ2】ターゲットが欲してるオファー作り


カウンセラー集客方法で、ターゲットを決めた後にやることは、あなたがそのターゲットに提案するオファーを作っていくということですね。

オファーっていうのは、商品やサービスのことだと思ってる起業家多いんだけど、オファーってもっと広いですよ。商品やサービス自体はもちろん、価格、特典、保証、アフターサービスなどのすべての取引条件のことをオファーって言うんです。

 

このオファーをどう作るか、どんなオファーにしていくかで、カウンセラーとしての集客方法の効果に大きく影響を与えますから。集客では超重要ですよ。

でも多くの個人起業家は、このオファー作りで大きな間違いをしてしまってることがよくよくあります。その間違いを犯してると、オファーを魅力的に作れません。

 

そのオファー作りの間違いというのは、「自分本位で、ターゲットに合わせてないオファーを作っちゃう」ということ。これは集客方法ではやっちゃいけないことの1つです。

あなたが提案したいことと、ターゲットが求めてることって違うことよくあるんですよ。ここをしっかりと見極めてオファーを作らないと、オファーを強力にできないということですね。

 

カウンセラー集客方法のオファー作り2つの基本

カウンセラーのweb集客方法では、どれだけこのオファーという部分を強力に、魅力的にできるかで成果は大きく変わっていきます。

ここでは、どうやってオファーを作っていけば、ターゲットにとって魅力的で、ターゲットが欲しいと思えるようなオファーにできるのかを見ていきましょう。

 

オファー作りの基本1「リサーチ」

まずは、ちゃんとターゲットが何を求めてるのか、どんなものを今すぐ欲しいと思ってるのかをリサーチするということ。ここをしないでオファーを作っても魅力的になりませんよ。

インターネット、本屋、Amazon、悩みおまとめサイト、競合のブログやメルマガやオファーなどをリサーチして調べていきましょう。

 

オファー作り基本2「ターゲットが欲しいオファーを作る」

次は、リサーチした結果をもとにして、ターゲットが欲してるオファーを作るということ。ここでの注意点は「ターゲットが欲してるオファー」というところですね。

間違っても「あなたが提供したいオファー」をオファーにしないようにしましょう。ビジネスの基本は、ターゲットが欲してるオファーを提供することですから。

 

【ステップ3】カウンセラー集客方法をどれにする?


あなたがカウンセラーとしてのターゲットを選び、そのターゲットが欲してるオファーを作ったら、次にやることはどの集客方法を使っていくかを決めるステップ3ですね。

集客方法って言っても、今の世の中には本当にたくさんの種類の集客方法がありますよね。はっきり言って選び放題の状態です。その中から、あなたのビジネスに合う、あなたのターゲットに合う集客方法を選ぶんですね。

 

よくある間違いは、まったくターゲットのことを考えずに、ただ流行ってるだけとか、ただみんなが使ってるからとかいう理由だけで集客方法を選んじゃうということ。

それをやっちゃうと、せっかくここまでで決めてきたことが台無しになっちゃいますよ。ここで気を付けてほしいポイントは次のことです。

 

ポイント「ターゲットに合わせた集客方法」

あなたのターゲットが、どんなとこに行くのか、どんな記事を見るか、どんなSNSを使うか、どんな雑誌を読むか、どの広告を読む機会があるかなどをリサーチして、そこに合わせた集客方法をあなたが使っていくということが重要なポイントですよ。

例えばだけど、若い人向けならTwitter広告が良いとか、起業家向けならFacebook広告が良いとか、女性向けならインスタグラム広告が良いとか、いろんな傾向があったりもしますからね。

 

集客方法の選択肢があり過ぎて困る?

カウンセラーのための集客方法って、本当にたくさんあるんです。しかもどんどんそれが増えていってるから、そこも困っちゃうポイントなんですね。

また新しくSNSとかが登場したら、それに合わせた集客方法を教える人が出てきて、それがまた新しい集客方法として定着していくなんて言うのは、この先ももっともっと出てきますから。

 

でもそんなにたくさん集客方法があると、「いったいどれを使えばいいの? どれが効果あるの?」と困っちゃって、できるだけ多く手を出しちゃおうと考えるカウンセラーが多いですよ。それやっちゃうと集客は厳しくなります。

じゃあどうやったらカウンセラーとして、そんなにたくさんある集客方法の中から使うものを選べばいいのか? それには次のことを考えることが大事ですよ。

 

どの集客方法を使いこなすか決める

たくさんの集客方法を使おうとしないで、ターゲットに合わせた集客方法の中から、あなたが「この集客方法を極めてやる」と思うものを選ぶということ。

できれば1~3つまでに使う集客方法を絞るのが良いと思います。このくらいだったら、しっかりと使いこなせるようになるまでになれますから。

 

【ステップ4】SEO対策のキーワード選定(超重要)


カウンセラーのweb集客方法でのステップ4は、あなたのブログのSEO対策用のキーワードを選んでいきましょうという部分になります。

SEO対策というのは、あなたのブログを、インターネットの検索結果に上位に表示させるために行う、ブログやホームページに施す対策のことですね。

 

これをしっかりとやっておくことで、無料であなたのブログにアクセスを集めることができるようになるんです。しかも検索するくらいの人だから、かなり熱心なお客さんの可能性がありますよ。

ただし、あなたのブログを上位表示させるためのSEO対策というのは、1日や1週間という短い期間ではうまくいきません。時間がかかるものだということをしっかりと覚えておいてほしいなと思います。

 

僕の経験上、競合や弱いキーワードなら2ヶ月くらい、競合がある程度強いキーワードなら3~6ヶ月くらいは、少なくとも目安としておいてほしいですね。どれだけうまく、どれだけ賢く、どれだけ正しく、どれだけ頑張れたかで結果出るスピードも変わりますよ。

そんなSEO対策なんだけど、その中でもとにかく慎重に選ばないといけないポイントこそ、キーワード選びなんですね。ここからはカウンセラーがどうキーワードを選んでいけば良いか、そのポイントを見ていきましょう。

 

キーワード選びのよくある間違い&ポイント

カウンセラーのweb集客方法をうまくやるためにも、SEO対策用のキーワードをちゃんと選んでいく必要がありますね。ここが超重要なポイントになります。

でもこのキーワードを選ぶという部分、かなり多くの個人起業家・カウンセラーが間違っちゃうことがあるんです。その間違いを犯さないためにも、ここでその間違いについてしっかり理解してほしいなと思います。

 

間違い1「自分の社名や名前を選ぶ」

まずは、あなたの会社名、事業者名、屋号、あなた自身の名前などをキーワードとして選んじゃうという間違いです。これは本当によくあることですよ。

SEO対策の基本は、まだあなたのことを知らない人がネットを検索した時に、あなたのブログを上位に表示させることにあります。

あなたのことを知らない人が、あなたの社名や名前でなんて検索してくれませんよね? だから自分の社名や名前をキーワードにしたってダメだということ。

 

間違い2「競合が強すぎるキーワードを選ぶ」

あとは、あなたの選ぶキーワードが競合が強すぎる状態なら、それはかなり危険な賭けのような、長い戦いのような状況になっちゃいますよ。

バッチリSEO対策してて上位表示争いが激しいキーワードだと、はっきり言ってまだSEO対策の初心者が手を出すには厳しいんですね。競合が強いところもたくさんありますから。

だから、Googleが無料で提供してるキーワードプランナーというツールを使って、検索ボリュームがすごく多くて、競合性も高いものは選ばないようにしてほしいなと思います。

 

ポイント「ターゲットが検索で使うキーワードを選べ」

SEO対策のキーワードで重要なのは、あなたの業種・関係のあることに関して、どんなキーワードを使ってターゲットが検索するのかという部分にありますよ。

恋愛のカウンセラーなら、恋愛とか、恋とか、彼女を作る方法とか、デートに誘うとか、モテたいとか、恋愛に関係してるキーワードを選ぶことが大事なんです。

どんなキーワードを使って、あなたのターゲットは検索してきますか? これもGoogleが無料で提供してるキーワードプランナーを使って調べていきましょう。

 

【ステップ5】ブログタイトルをターゲットが興味持つように作る


ではwebを使ったカウンセラー集客方法のステップ5は、あなたのブログタイトルを、あなたのターゲットが興味持つように作っていくということですね。

ブログタイトルはブログ集客ではすごく重要な部分になりますよ。ここでは、そのブログタイトルを付けるときの2つのポイントをお伝えします。

 

ポイント1「具体的で分かりやすいものにする」

まずは、一目見て何のブログなのか、何を解決してくれるブログなのかが分かるものにするということですね。分かりやすいものがもっともオススメです。

あと分かりやすさに加えて、具体的に何をしてくれるブログなのかも分かるようにしていきましょう。具体的で分かりやすいブログタイトルが基本ですから。

 

ポイント2「SEOキーワードを入れる」

次は、そのブログタイトルの中に、あなたがSEO対策用のキーワードとして選んだキーワードを入れていくというのも忘れないようにしましょう。

ブログタイトルにそのキーワードを入れることは、あなたのブログを検索結果に上位表示させるための対策で、一番初めに取り組むべきポイントになりますよ。

 

タイトル作成でよくある間違い

具体的で分かりやすく、SEO対策用のキーワードを入れてあるブログタイトルにすることが基本だということを、お伝えしました。

ただこの基本ができてないブログがまだまだ多いのも事実ですね、そこで、こんな間違いをしてほしくないという、よくあるブログタイトルの間違い例を見ていきたいと思います。

 

間違い「意味不明、一目で何のブログか分からない」

それはブログタイトルだけを見て、意味不明、一目で何のブログなのか分からないというブログタイトルですね。これ本当によくよくありますよ。

例えば、「わくわく、ドキドキ、新しい発見!」というブログタイトルを見て、あなたは何を書いてるブログなのか想像つきますか? 分からないですよね? 答えはピアノ教室のブログですよ。

 

こんな意味が分からないようなブログタイトルだと、それだけでブログからの集客って難しくなっちゃうということ。もっと読者目線に立ったブログタイトルを考えましょう。

あなたのカウンセラーとしてのブログタイトル、もっともっと具体的に分かりやすいものに作り替えていってほしいなと思います。

 

【ステップ6】読者が求める記事を書こう


カウンセラー集客方法でwebをうまく使っていくためには、そこにあなたのターゲットとしてる読者が求める記事を書いていかないと集客はできません。

この「読者が求める記事を書く」というのが、なかなか苦戦して、ちゃんとできてない個人起業家がけっこう多いですね。僕も以前はそうでしたから。

 

みんなはじめは「自分が書きたいこと、自分が伝えたいこと」ばかり書いちゃってしまうという間違いを犯してるということ。でもこれは集客につながらない記事のこと多いです。

なんでかというと、ほとんどの場合で、自分が伝えたいことと読者が求めるものにはちょっとずれがあったりするからなんですよ。ではどうすればいいのか?

 

読者が求めるのは、自分の問題を解決してくれる記事

カウンセラー集客方法でwebから集客していくには、読者が求める記事、つまり読者の問題を解決してあげる記事を書いていくことが必要になってくるんですね。それが読者が求める記事ですから。

雑誌やネット上をリサーチしてみて、ターゲットとなる読者がどんなことを求めてるのかしっかり調べてみましょう。それを解決してあげる記事を書くことが記事を書く基本ですよ。

 

ブログ記事の中にもSEO対策用のキーワードを入れよう

ブログ記事には、基本的にあなたのターゲットが求めてる記事、あなたのターゲットが求めてる問題を解決してくれる記事を書いていくことがwebからの集客のポイントです。

ただもう1つ、読者が求める記事を書くのと同時に、しっかりとやっておかないといけないこともありますよ。それはSEO対策にも関わる大事なことですね。

 

SEO対策用のキーワードを適度に使う

あなたの書く記事の中に、あなたが検索結果に上位表示させたいキーワードを適度に使うというのも、SEO対策をしていくためには必要なことですよ。

例えば「恋愛 悩み」というキーワードを選んでたとしたら、「恋愛 悩み」というキーワードを記事の中でちょくちょく使っていくということ。

 

ただ使い過ぎるとSEO対策的にも良くないし、文章的になんかおかしくなったりもするから、適度に使っていくということを忘れないようにしてくださいね。

記事全体の中の1~3%くらいの割合に留めて、キーワードを使っていってほしいと思います。こうやって、1つ1つの記事を集客につながるようにしていきましょう。

 

【ステップ7】カウンセラー集客方法にアクセスを集める


カウンセラーがwebをうまく使って集客していくためには、あなたのそのブログにアクセスを集めていくことが絶対に必要になりますよ。

はっきり言って、アクセスがないブログというのは、そこにないのと同じことですから。誰にも見られずにただそこにあるだけじゃあ集客はできませんよね。

 

例えるなら、誰も来ない山の山頂でカフェをやって、しかも看板やチラシなどで告知や宣伝を何にもしてない状態と同じですよ。集客できるわけありません。

誰も来ないとこでカフェやったってダメなんです。そんなとこでやるよりも、一通りが多い駅前とかでカフェやったほうが集客しやすいのは目に見えてますよね。

 

今はブログなんて山のようにあります。うまくいってるブログ、うまくいってないブログ、すでに使われてないブログ、いろんな業種のブログが溢れかえってる状態ですよ。

そんな中で、あなたはカウンセラーとしてのブログをターゲットに見つけてもらわなければならないということ。そして見てもらわないといけないんですね。

 

アクセスアップさせるオススメ方法

カウンセラーがwebで集客するには、そのブログにアクセスを集めていかないといけないということをお伝えしました。でも正直、アクセスをちゃんと集められてる個人起業家は少数派ですよ。

ではどうやって、ブログにアクセスを集めていけばいいのか? それには僕がオススメする3つの方法があるから、1つ1つ見てどれを使っていくかを決めてほしいなと思います。

 

1「ブログのSEO対策」

まずは何より、あなたのブログをSEO対策して、狙ったキーワードで検索結果に上位表示させることですね。自然検索からアクセスを集めていく方法です。これはもっとも濃い見込み客のアクセスを無料で集めることができる方法です。

 

2「インターネット広告を使う」

次にオススメなのはインターネット広告を使うことですね。これは有料だけど、結果が出るまではめちゃめちゃ早い方法です。セットさえしてしまえば明日には結果が出ますからね。もし月額3万円くらい広告に使えるなら、使っていきましょう。

 

3「各SNSを使う」

あとは、FacebookやTwitter、インスタグラムなどの各SNSを使ってアクセスを集めていくという方法もありますよ。ブログ記事へのリンクを投稿して、フォロー、いいね、コメント、メッセージなどをして地道にアクセスを集めていくんです。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

 

【第2部】webからのカウンセラー集客方法を成功させる3つのポイント


この第2部では、カウンセラーがwebから集客していくときに、それを成功へとつなげるために必要となる、3つのポイントについて見ていきたいと思います。

おもには、ブログやSNSに書くための「記事」を書く方法、より効率的かつ効果的にどんどん記事をかけるようになる方法、集客が失敗する原因についてお伝えしますね。

 

|第1章 カウンセラーが記事を楽に書いて集客する方法


あなたはカウンセラーとして、おそらくブログやSNSを使って記事を書いてると思います。でもそこで多くの個人起業家は「記事を書くのが大変」という悩みを持ってますよね。ここではその記事を、楽に書いていく4ステップについてお伝えします。

 

ステップ1:リサーチの3ポイント

ステップ2:目次作っちゃうと楽になる

ステップ3:目次に合わせてタイトル作ろう

ステップ4:あとは順番に書いていくだけ

 

この4ステップは、僕自身がブログやSNSのための記事を書くときに、今でも必ず使ってる方法になりますよ。僕はこの方法を知ることで、記事書くのがかなり楽しくなりました。あなたにもぜひそうなってほしいなと思います。では1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

ステップ1:リサーチの3ポイント


まずカウンセラーがブログやSNSの記事を楽に書くためには、リサーチをしていくことが何よりも重要なポイントとなります。ここをちゃんとやれると本当に記事を書くのがスムーズになりますよ。

リサーチをするポイントは3つあります。この3つを1つずつしっかりとリサーチして、まず記事を書くテーマ、材料、ネタ、資料、アイディアをどんどん集めていきましょう。

 

ポイント1:Q&Aサイトをくまなく探そう

ではまずリサーチするところは、Q&Aサイトです。こういったサイトには、たくさんの質問とそれに対する答えが投稿されてますから。

大事なのは、あなたのターゲットである層の人たちがどんな質問を投稿してるのか?ということですね。その質問の部分を全て書き出していきましょう。

 

ポイント2:同業者のブログやメルマガの内容を探そう

次にリサーチするところは、あなたの同業者がやってるブログとか、メルマガとかの内容です。そこに書かれてる内容を、ネタとしてどんどん書き出していくんですね。

ただここの注意点として、「うまくいってる人のブログやメルマガを参考にしよう」ということ。うまくいってない人を真似てもダメですよ。

 

ポイント3:雑誌や本、ニュースなどから探そう

あとは、雑誌とか本、ニュースなどを見て、あなたのターゲットの人が「求めてる内容」を見つけて、それを書き出していくということ。

あなたのターゲットが読みそうな雑誌、本、ニュースってありますよね? そこをとにかく調べて、どんな内容が特集されてるのかとかを抜き出していきましょう。

 

ステップ2:目次作っちゃうと楽になる


ブログやSNSに書く記事のネタやアイディアをリサーチしたら、次にやることは「目次を作っちゃう」ということですね。

目次を作っておくことで、毎日のように「何書くかな~」と迷ったりしなくて良くなるんです。もう目次があるんだから、それに沿って書けばいいんです。

 

具体的には、まずは「第1部」とかのテーマ分けをして、次に第1部の中の「第1章、第2章」とかを作っていきます。さらに各章の中の項目を作っていく流れになりますよ。

第1部→第1章→項目1、項目2、項目3みたいな感じですね。こうやって、まずはすべての目次を完成させてほしいなと思います。

 

目安は一番小さい項目が30個くらいになるようにやってみてくださいね。そのくらいあれば、1ヶ月間くらいは何にも迷わずかけるようになりますから。

目次の文章は難しく考えずに、「何が書いてるか内容が分かる文章」で目次を作っていきましょう。

 

ステップ3:目次に合わせてタイトル作ろう


目次を完成させたら、次にやっていくことはタイトルを作っていくということですね。これは簡単に言うと、書籍の題名です。

これの基本は、「目次を総まとめにして一言で言い現わした言葉」ですね。ただ何にも参考とするものがないと作るのは大変だから、ここでタイトルの参考にできるポイントを2つご紹介します。

 

参考ポイント:情報系の本のタイトル

まずは、自己啓発系、ビジネス系、ダイエット系などの本のタイトルですね。これはまさに、カウンセラーとしてのあなたの記事タイトルにマッチする参考例です。

「〇〇の方法」「〇〇の5つのポイント」「〇〇を成功させるには?」みたいな、ターゲットにとって役立つ情報が書いてることがすぐわかるタイトルのことが多いですね。

 

参考ポイント:成功してるブログ記事タイトル

もう1つのポイントとしては、あなたの競合でも、まったく別の業界のでもいいだけど、すでにうまくいってる人がやってるブログの、記事タイトルを参考にするというものですね。

うまくいってるブログは、タイトルの付け方がかなりうまいことが多いですね。それを参考にすることで、あなたも効果的なタイトルを作れるようになりますよ。

 

ステップ4:あとは順番に書いていくだけ


リサーチをして、目次を作って、タイトルも作ったら、ステップ4でやることは「目次の順番通りに記事を書いていくこと」ですね。ようやく実際に書くところですよ。

多くの個人起業家、カウンセラーは、こうやって記事を書く前の段階でまったく準備をしてないから、ブログやSNSに記事を書くのが苦になっちゃうんですね。

 

ここでお伝えした4つのステップで記事を書いていけば、作った目次をすべて記事として書き終えることで、なんとその時点で「本の原稿が1冊分完成」しちゃうんです。

例えば、1つの項目の記事で1000文字書いたとして、すべての目次の項目が30個あったら、書き終えるころには30000文字の原稿が出来上がってるということ。

 

ここでお伝えした4ステップを月1回やって目次を作っていけば、おそらく少なくとも1年のうちに30000文字の原稿を3~5つくらいは作れちゃいますから。すごいですよね。

それを電子書籍にしたり、PDFレポートにしたり、小冊子にしたり、無料プレゼントしていく流れを作れるんです。この4ステップで記事を書けば、書いた記事をあとあとまで使えるようにできるんですね。無駄なく使っていけますよ。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

 

|第2章 カウンセラー集客方法で記事を書き続けるマインドセット


それでは、ここからはカウンセラーがwebから集客するために必要な、ブログやSNSに記事を書き続けるためのマインドセットについてお伝えしたいと思います。おもに次のことを見ていきますよ。

 

記事を書く流れを同じにしよう

編集しながら書くのは遅くなる原因

ブログとSNSの文字数の目安は?

自分の話し言葉を書くと楽です

書き慣れると苦じゃなくなる

 

かなり多くのカウンセラー、個人起業家は、ブログやSNSに記事を書き続けられなくて困ってます。僕も起業当初は同じく書き続けられないことに悩んでましたから。ここでは、そうならないためのマインドセットを詳しく見ていきます。

 

記事を書く流れを同じにしよう


まずはじめに覚えておいてほしいマインドセットは、ブログやSNSに記事を書くためには、あらかじめ記事を書く流れを決めて、その通りに書くことが大事だということ。

記事を書く流れというのは、まずはじめに何を書いて、次にこれ書いて、その次はこれで、最後はまとめるみたいな、大まかな文章の流れです。

 

例えば僕の場合は、タイトルあって、その下に写真を置き、今回書くテーマの悩みや問題点を挙げ、それについて深堀していき、ときどき事例を出しながら、解決策を提示して、まとめるという流れが基本です。

いまは慣れてきたから、そこまで厳密にしておかなくても、まったく苦なく書いていくことができるけど、そうなるまでは厳密に流れを守って書いてました。

 

でもそうやって流れを決めて書いていくことで、毎回毎回「どうやって書こうかな」と悩むことがなくなるんですよ。それだけでもかなりのメリットだと僕は思います。

うまいこと書かなくても、すごい文章書かなくても、オリジナリティー溢れる文章を書かなくても良いんです。まずは流れやルールを決めて、それに従って書き続けてみてくださいね。

 

編集しながら書くのは遅くなる原因


2つ目の覚えておいてほしいマインドセットは、ブログやSNSに記事を書くときは、「編集しながら書くということをやめましょう」ということですね。

編集しながら書くというのは、1つの文章を打ちながら、誤字脱字をその場で直したり、読み返してみたり、削除して書き直してみたり、言葉遣いを直したりするということ。

 

でもこれをやっちゃうと、めちゃめちゃブログやSNSの記事を書くのが時間かかっちゃうんです。完璧を求めながら編集して書くと、前に進むのがすごく遅くなるんですね。

あなたはどうでしょうか? カウンセラーといて記事を書いていくとき、前に進むことを優先させるよりも、編集作業しながら進めていく感じになってないでしょうか?

 

それで大事なことは、「記事を書くことと、編集作業は分けよう」ということ。まずは編集とかは一切しないで、とにかく記事を最後まで書くことを意識して書いていくんですね。

記事を最後まで書き終わったら、それから編集をするんです。ここでは好きなだけ編集してください。でもこうやって2つの作業を分けることで、書く時間が早くなりますよ。

 

ブログとSNSの文字数の目安は?


あと覚えておくと、ブログやSNSに記事を書くのが楽になり、書き続けていくことができうになるマインドセットは、書く文字数を目安として決めておくということですね。

やっぱり、ただ何となく記事を書き始めて、どこで終わればいいか分からない感じで書いていくのは、記事を書いててモチベーションを下げる原因になっちゃいます。

 

だから、ある程度は文字数の目安というものを決めておくことが大事になりますよ。文字数を目安にすると、「あと何文字だ」というように目標になりますから。

僕のブログの場合だと、目次の1つの項目で500文字くらい、通常の長さの記事を書くなら1500~2000文字くらい、長文の記事を書くなら15000文字~20000文字くらいですね。なかにはもっと長くなっちゃったのもありますけどね。

 

というようにして、あなたなりに「ブログ1記事なら何文字、SNSの1つの投稿記事なら何文字」というように、目安を決めてほしいなと思います。

ただ1つだけオススメとして、ブログなら最低でも1記事1500文字以上、SNSなら最低でも1投稿500文字は欲しいかなって感じですね。参考にしてみてくださいね。

 

自分の話し言葉を書くと楽です


ブログやSNSに記事を書き続けていくために必要な次のマインドセットは、「記事に書く文章というのは、話し言葉で書く」ということですね。

これはよくあるんだけど、いざ記事を書こうとすると、へんに正しい文章、正しい文法、正しい言葉遣いをしようとして、お堅い文章にしちゃうということ。

 

でもそういった文章にすると楽しくないし、書いてる自分自身も、いつもの自分じゃない言葉遣いで書いてるから、どんどん辛くなっていっちゃうんですね。

そこで1つポイントです。それは「ブログやSNSの記事は正しくする必要は全くないですよ」ということですね。これすごく大事なポイントです。

 

だってあなたのブログですから。あなたが情報を発信してるSNSですから。いつものあなたじゃない感じで記事を書く必要なんてまったくないですよ。

だからもっと楽に、いつものあなたがしゃべってるときにような言葉遣いで、まるで話し言葉をそのまま記事に書いてる感じにしていくと、すごく楽に書けるようになります。

 

書き慣れると苦じゃなくなる


最後に覚えておいてほしいマインドセットは、とにかく「記事を書き慣れることで、記事を書くのは苦じゃなくなるんだ」ということですよ。

これは、まだ記事を書き慣れてない起業家やカウンセラーの方からしたら分からない状態だけど、記事を楽に書き続けていく最大の秘訣が「書き慣れること」になるんです。

 

例えば僕の場合だと、起業当初はじめたブログに1記事1000文字の記事を書いていたとき、時間で言ったら書くのに2時間、アップする作業に30分かかってました。合計2時間30分ですよ。

はっきり言ってこの状態の時は、記事書くのが辛くてしょうがなかったですね。でも今なら、1000文字なら15分で書けます。アップにも5分ですね。こんなに変わるんですよ。

 

もう1つ付け加えると、今なら1日に書こうと思えば10000文字~15000文字は普通に書けますよ。書き慣れてなかった頃には考えられない状態ですね。

自慢したいわけじゃないですよ。書き慣れることでどれだけ変わるのかをお伝えしたかったんです。ぜひあなたも、「記事を書くということに慣れる」ためにも、記事を書き続けていって欲しいなと思います。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

 

記事が役に立ったら、いいね!お願いします: