ブログの書き方でよくある、こんな間違いしてませんか?

記事が役に立ったら、いいね!お願いします:

ここでは、ブログの書き方のよくある間違いとその解決策。さらに集客、売上アップ、収入を増やしていくために必要なブログの書き方についてお伝えしていきたいと思います。

いざ「ブログはじめよう!」と思っても、まず立ちはだかる問題というのは「ブログの記事ってどう書けばいいの?」というものですよね。僕もはじめはそうでしたから。

 

でもそれは当たり前のことです。だって基本的に、ブログの書き方について教えられてないし、学んできてないんだから、分からなくても当然ですよ。

なので、この記事ではそんな「ブログ初心者」の方でも分かるように、僕がどうやってブログの記事を書いてるのか、どう集客、収入アップにつながる記事を書いてるのか、詳しくお伝えしていきます。

 

こんにちは、佐藤晶宏(さとう まさひろ)です。僕は個人起業家にブログを使った集客方法、それぞれの起業家に合わせた集客方法を、おもに個別コンサルティングを通してアドバイスしてます。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

ブログの書き方でよくある7つの間違い


では早速ですが、この記事のタイトルになってる「ブログの書き方でよくある間違い」とは何なのか? ということについて見ていきたいと思います。

僕がいろんな個人起業家の相談を受けるときに、うまく集客や収入アップにつながる記事を書けてない原因として、よくよくある7つの間違いですよ。

 

自分の言いたいことだけ書く

まずは「自分の言いたいことだけ書く」という間違いです。これはもっともよくある間違いの1つですよ。簡単に言うと、ただの自己満足なブログだということ。

例えば、愚痴を書くとか、今日の出来事をただ書くとか、言いたいことを主張するだけとか、自慢話を書くとかです。他にもいろいろありますけどね。

 

はっきり言って、こんな自己満足な記事を書いてしまってたら読者は興味を示しませんからね。つまり、いつまで経っても集客や収入アップにつながらないということです。

ここでの大事なことは、「ブログとは読者のためにあるもの」だということを覚えておいてほしいなと思います。あなたの記事は、ターゲットとしてる読者のために、読者が知りたいことを、読者目線で書いていくことが大事なポイントになりますよ。

 

ターゲットが「みんな」

次によくある間違いは、記事のターゲットが「みんな」になっちゃってるということ。つまり、大勢の人に向けて記事を書いちゃってるということですね。

でも考えてもみてください。あなたの記事を見るとき、読者の人は基本的に1人で見てますよね? まさか何人も集まって同じ記事を一緒になんて読みませんよね?

 

つまりブログでは1対1の状態だということです。あなたは1対1で、読者の人の知りたい情報についてお伝えしていかないといけないということ。

じゃあどうすればいいのかというと、「特定の1人の人に向けて書く」ことが大事なんです。そうすると、あなたのターゲットとしてる人たちに響く記事を書けるようになるんですよ。「みんな」ではなく「あなた」に向けて書きましょう。

 

情報の出し惜しみする

それから次のブログの書き方の間違いは、記事で書く情報を出し惜しみしちゃうという間違いですね。これもよくよくやってしまってる起業家多いですよ。

いろんな方から「ブログではどこまで情報を書けばいいの?」と質問されることがよくあるけど、基本的に僕のアドバイスは「出し惜しみしないで書こう」です。

 

今ってブログ記事なんて山ほどあります。あなたの記事以外にも、読者が知りたい解決策を書いてるブログもたくさんあります。その中で読者に読んでもらわないといけないんですよね。

だからこそ、情報の出し惜しみなんてしてる暇ないですよ。すごく価値のある濃い内容の記事を書いていくことこそ、正しいブログの書き方です。

 

当たり障りない言い回しばかり

さらに次の間違いは、ブログに書いてる記事が当たり障りない言い回しばかりになってるということですね。つまり、誰かを怒らせないようにしてるということ。

「こんなこと書いたら誰かに何か言われるかも」と思っちゃって、本当はもっとしっかりと、バシッと言いたいことがあるのに、それを書かないということですね。

 

例えば、一般的な政治家の演説とか話すことは、だいたいそうですよね? 辞職にならないように、国民を怒らせないような発言をしてるんです。でもそれは政治家の話しです。

読み応えのある面白いブログの書き方は、「ズバッと言いたいことを容赦なく言う」ものですよ。あなたも怖がらずに、言いたいことは隠さず発信しましょう。

 

ただの日記になってる

それから次は、ただの日記をブログの記事にしちゃってるというものです。しかも全体の1割くらいなら分かるんだけど、ほぼ100%日記という間違いをしてる人もいますよ。

例えば、「今日、俺はここ行って、あそこでランチして、友人Aと会って、散歩して、飲んで、帰ってきたらテレビ見て、シャワー入って、何時に寝ました!」みたいな記事です。

 

こういった「どんな生活してるのか」の日記は、有名人やスポーツ選手とかだから読みたい人がいるんですよ。有名人やスポーツ選手じゃない人の、知らないとこに住んでる誰だか分からない人の生活の日記なんて知りたくないですよね?

ブログをただの日記代わりとして書くなら、ただの日記を書くことは否定しません。でも集客や収入アップにつなげるブログにしたいなら、絶対にやめましょう。

 

まったくの白紙状態で書く

もう1つブログの書き方でよくある間違いは、記事をまったくの白紙状態で書こうとするというものですね。これやると書くの大変ですよ。

記事を書こうと思って、パソコンでワードを開き、白紙の画面を見ながら「何書こうかな?」「書くことない、どうしよう」と考えて書こうとする起業家、すごく多いです。

 

でもこれは、まったく効果的でも効率的でもない書き方です。苦なくブログの記事を書ける人たちは、基本的に白紙状態で書いてませんから。僕もそうですよ。

ブログの書き方は、基本「何書くかリサーチして、情報やネタを集めて、集めたものを整理して、それから書く」んです。これからはこれを守って記事を書いてくださいね。

 

正しい文章にしようとする

最後のよくある間違いは、ブログの記事を正しい文章で書こうとするというもの。みんなが読むものだから言葉遣いや、笑われないように正しい文章を書こうとするんです。

正しい文章、つまり国語の教科書的な文章とか、論文的な文章ですね。イメージはお堅い、読んでてまったく面白くない系の文章のこと。

 

でも僕のこの記事の書き方を見てほしいと思います。正しい文章じゃないですよね? 国語の先生に言わせたら「文法間違ってて恥ずかしい」と言われるようなものだと思いますよ。

でも全く問題ありません。むしろ読みやすくなって良いと思います。あなたも正しい文章にしようとしないで、あなたの話し言葉を文章にするくらいの勢いで書いていきましょう。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

【第1章】ブログの書き方の基礎ステップ


ここまでで、どんな書き方をするのが間違いなのかをお伝えしてきましたよね。この間違いを知るだけでも、これから間違った書き方をしないで済むようになれますから。

さらにここからは、どうやって記事を書いていけばいいのか?という部分について、1つ1つ詳しくお伝えしていこうと思います。実際に記事を書くための基礎ステップですね。

 

ブログの記事を書く準備をしよう


ここからは、あなたが実際にブログに記事を書いていくための前段階となる準備について、1つ1つ大事なポイントをお伝えいしていきますね。

ここをしっかりとやっておくことで、あなたは楽に、迷わずにブログを書けるようになります。しかも集客や収入アップにつなげやすい記事を書けるんですよ。

 

【準備1】SEO対策用のキーワードを選ぶ


まずはじめの準備は、SEO対策用のキーワードを選んでいくというものですね。これは集客や収入アップにつながるブログの書き方の重要なポイントです。

SEO対策というのは、あなたのブログを検索結果に上位表示させる対策のことになりますね。そのためのキーワードを選んでいくんですよ。

 

このキーワードを選んでいくためには、Googleが無料で提供してるキーワードプランナーというものを活用していきましょう。これを使えば、どんな検索キーワードが使われてるか、どのくらい月間の検索数があるかを調べられます。

それを調べて、あなたの記事はどんな検索キーワードで検索されたときに上位表示されたいのか?ということを基準にして、キーワードを選んでいきましょう。

 

ある程度はどんな検索キーワードを使われてるか分かると思うけど、そこは勘でいくんじゃなく、しっかりとリサーチした上で選ぶのをオススメします。

まずはとにかく「1つキーワードを選ぶ」ことをしてみてくださいね。ブログの記事を書くためには、ここからがはじまりですから。

 

【準備2】競合ブログのリサーチ


ブログの書き方の準備の2つ目は、あなたの選んだSEO対策用のキーワードをもとにして、競合のブログをリサーチしていくということ。

やっぱり競合がどんな記事書いてるのか、どんな内容を伝えてるのか、どの程度の濃い内容なのかを知っておかないと、勝負のしようがないですからね。

 

だからこそまずは、あなたが選んだキーワードで検索してみましょう。検索したら、すでにそのキーワードでたくさんのブログ記事がヒットすると思います。

ヒットしたら、そのブログ記事を上から1つずつ、最低でも20記事くらいは見ていってほしいですね。もちろん読むだけじゃなく、どんなことが書かれてるかを全てメモしていきましょう。

 

そのヒットしたブログ記事を、あなたのブログ記事で超えていくことが、1つ記事を書いていく指針になりますからね。そこを目標にしましょう。

これをするだけでも、あなたがブログの記事を書くときのアイディアが溢れてくると思います。しかも勉強にもなって一石二鳥ですね。

 

【準備3】どのジャンルで書くか


ここまででキーワードを選んで、競合のブログをリサーチしてきましたよね。ここから次にブログの記事を書いていくときに準備するのは、どのジャンルで書くかを決めることです。

ジャンルというのは、例えば集客方法系なのか、自己啓発系なのか、美容系なのか、ダイエット関連なのか、コーヒー系なのか、ファッションなのかとかのことですね。

 

さらに言うなら、ダイエット関連っていうジャンルの中でも、さらに細かくどのジャンルにするのかも決めていくと良いですね。いくらでも細かくジャンルって分けられますから。

まあこれは、あなたが特定の専門分野のブログをやっていこうと思ってるなら、すでに決まってることだと思います。そのまま、あなたの専門分野、得意なことを選べばいいですから。

 

でもまだ「どのジャンルにするか」迷ってるなら、まずは人より詳しいジャンル、情熱があるジャンル、大好きなジャンルを選んでいくのをオススメします。

全く知らないジャンルの記事書くのは、かなり大変なことですからね。それだと、かなりハードルが上がって、記事を書き終える前に挫折する可能性があります。しっかりとここで、ブログ記事を書くジャンルを決めていきましょう。

 

【準備4】ブログのテーマ


どのジャンルでブログ記事を書くか決まったら、次の準備は「今回の記事はどのテーマで書くのか?」という部分を決める段階に入っていきます。

テーマというのは、例えばダイエット関連というジャンルで書くなら、お腹をへこませる方法、ジョギングの正しい方法、食事ダイエット、サプリの選び方、テレビ見ながらできるダイエット方法、プチ断食ダイエットみたいな感じですね。

 

あなたが選んだジャンルでも、書こうと思ったらたくさんのテーマが見つかると思います。ちょっと考えるだけでも普通に10個は見つかるはずですよ。

しかも、もうすでに競合のブログをリサーチしてるんだから、そのジャンルで書くテーマなんて、メモしたものを見たらさらに増えると思います。

 

というようにして、ブログに書くテーマというのはたくさん見つかるんだけど、まずはその中から「今から書くテーマは何にするか?」を1つ決めてくださいね。

残りの、今はまだ書かないテーマに関しては、また次の新しい記事の時に引っ張り出して書けばいいんですから。焦らず、まずは1つだけに絞りましょう。

 

【準備5】誰に読んでほしいのか


今書くブログ記事のテーマが決まったら、ここから考えていかないといけないのは、「その記事を誰に読んでほしいのか?」ということ。

ここをしっかりと具体的にしておかないと、せっかくここまでいろいろやってきたのに、そこから最大限に効果を発揮できなくなりますから。

 

ターゲットが明確じゃないと、読者に対して心に響くような、その読者が「うん、うん」と頷くような、つい行動したくなっちゃうような記事は書けませんよ。

誰に読んでほしいのか? この準備の5つ目は、あなたのブログの記事の書き方では、常に意識しておくべきことの1つですよ。絶対に忘れちゃダメなポイントです。

 

ではここで、これから書こうとしてる記事を誰に読んでほしいのか、しっかりと考えてみてくださいね。どんな人を対象にした記事なのか考えみてください。

性別、年齢、悩みや問題、欲求や願望、悩みや欲求の程度、初心者、上級者、などなどで考えていくと、「この人に読んでほしい!」というターゲットが具体的になりますよ。

 

【準備6】目次を作り終えよう


ここまできたら、あとは書き始めの第一歩をしていくステップに入っていきます。書き始めといっても、実際に記事を書いていくわけじゃないですよ。

ここでやることは「目次を作る」ことです。これが、ブログの記事の書き方ではすごく大事なポイントになってますからね。僕も必ずやってることです。

 

目次というのは、具体的に言うと本とかにある目次のことですよ。あと、この今読んでる記事のはじめのほうにも「この記事の目次」という感じで出てたと思います。あれのことですね。

実は、1000文字くらいの1つの記事を書くたびに、その1つに対してタイトルを考えたりしてるわけじゃないんです。1つの30000文字くらいの本を書くつもりで、あらかじめ20~30個くらいの目次を作ってるんですよ。

 

あなたも今からやってみましょう。あなたが書くと決めたジャンルやテーマには書くことなんてたくさんありますよね。そのためのリサーチだってしてきてると思います。

それを参考にして、1冊の本を書くつもりで目次を完成させちゃいましょう。第1章や第2章で分けたり、各章の中でも細かく項目を分けたりしていくことで目次は作れますからね。ぜひこの記事の目次を参考にしてみてください。

 

【準備7】タイトル案を書き出す


ブログの書き方の準備の7つ目は、あなたがこれから書こうとしてる記事のタイトルを考えていくことですね。これを読者に読んでもらうためには大切な準備ですよ。

まあこれは、準備6でやってきた目次をそのまま使っても良いんだけど、より読者に「読んでみたい、気になる」と思ってもらうために作り直すことをオススメしています。

 

この記事のタイトルを考えていくとき、あるものを参考にすることで効果的なタイトルを作っていくことができますよ。僕ももちろん使ってます。それは・・・・・

「ニュースや雑誌の見出し」ですね。ニュースや雑誌に書いてる見出しって、「え、何これ! すごい気になる」と思っちゃうような見出しになってたりして、つい読んじゃったりしますよね。

 

ニュースや雑誌は記事を読んでもらわないと話にならないから、見出し作りに力を入れてるんです。だから、見出しを参考にすることで、あなたも強力なタイトルを作ることができるということ。

ではあなたも、ここでタイトルの案を最低でも10個くらいは考えてみてほしいと思います。いくつも案を書き出すことで、「これだ!」というものが出来上がりますから。

 

基本となるブログの書き方とは?


ではここからは、実際ブログを書くときに、どんな流れで書いていけばいいのかということについてお伝えしたいと思います。初めてのときは流れなんて基本的に分からないですよね。

これは1つの型として僕は使ってます。この記事も、ほぼほぼこれからお伝えする流れ・型を使って書いてますよ。ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

タイトル

まずはじめに、記事の一番上に「タイトル」があります。これは基本的に、Wordpressやアメブロを使っていれば、タイトル欄にタイトルを入力した時点でこの形になりますね。

読者がその記事を読むかどうかは、このタイトルで決まります。だからこそタイトルがないなんて言うのは記事としてあり得ないんですよ。しっかりと目立つ一番上にタイトルを入れましょう。

 

写真

次は、タイトルのすぐ下あたりに「写真」を入れていきます。これはタイトルで興味持ってもらって、それを後押しする形で写真があることでもっと興味を持ってくれますから。

この写真は、しっかりと記事のタイトルや内容とマッチしてる写真を使うのが基本ですよ。全く無関係な写真を使うことはオススメしてません。

 

記事の概要

それから、「記事の概要」を伝えていくんです。簡単に言うと、この記事ではどんな内容のことを書いてるのかということを簡潔に説明するということ。

この概要の書き方としては、基本はタイトルの補足説明をしていく形になりますね。誰向けか、この記事読むとどうなるのかなどをここで伝えていきましょう。

 

自己紹介

あと忘れちゃいけないのは、「自己紹介」をするということですね。つまり、あなた自身の自己紹介を入れるということ。これは確実に入れるべきことですよ。

読者としては、この記事書いてる人が信用できるかは重要なポイントです。とくにハウツーとかの役立つ情報系を書いてるならなおさらですよね。自己紹介をきちんとしましょう。

 

目次

さらに、「目次」が次の部分にはいります。タイトルがあって写真があって、記事の概要と自己紹介があってから、そのあと目次という流れが読みやすいですよ。

これはWordpressのブログを使ってるなら、無料のプラグインを使うことで簡単に設置することができます。プラグインを使わなくても手動でもそこまで難しくないですよ。

 

小見出し

それから次にくるのが「小見出し」ですね。この小見出しがどんなものかというと、この今読んでる記事なら、少し上に「基本となるブログの書き方とは?」という大きな文字があると思うんだけど、それですね。

小見出しを使うことで、ブログの記事が単調じゃなくなって、大事な塊があることも分かるから読みやすくなります。1つの記事で小見出しをいくつか使っていきましょう。

 

本文

ここまできたら、次に来るのは「本文」です。本文というとその記事のメインの部分になりますね。この今読んでる記事なら、この今読んでる部分が本文にあたります。

写真もタイトルも、記事の概要も自己紹介も小見出しも、すべてはこの記事の本文を読者の人たちにちゃんと読んでもらうためにあるものなんですよ。

 

小見出し→本文→ちょくちょく写真を必要なだけ続ける

それであとは、小見出しがあって本文を書く、さらにちょくちょく写真を入れるという流れを、ブログの記事全体を通して続けていく形になりますね。

これはどのくらいのボリュームの記事にするかで、小見出しや本文の量も変わります。しっかりとそこは、読者にとって読みやすく価値のある量で作ってほしいと思います。

 

まとめ

最後に入れるのは「まとめ」ですね。その記事のもっとも重要なポイント、一番伝えたいこと、記事の振り返りなどで、記事を最後に締めくくるんです。

これをやることで、また読みやすい記事になるんですね。本文読んだだけだと分からなくても、まとめの部分を読むことで理解できることってあるんです。

 

ブログへのプロフィールの書き方


ではここからは、ブログの記事を書き、それをより効果的な記事にしていくための大切なポイントとなるプロフィールの書き方についてお伝えしていきますね。

 

これは記事のなかで書く挨拶プロフィールもそうだし、ブログの自己紹介ページに書くプルフィールも同じですね。どっちも大事なところですよ。

 

自己紹介を忘れずに


まずここで忘れちゃいけないことは、とにかく記事の中で自己紹介するのを忘れないようにするということ。あとブログ全体を通しても自己紹介ページは必ず作りましょうということですよ。

僕のとこに相談に来る個人起業家の方たちは、けっこうこのプロフィールという部分を重要視してないことがよくよくあります。ただ何となく書いちゃってることが多いんですね。

 

でもそれじゃあ本当にもったいないですよ。プロフィールを読むことで、読者はあなたのことを信頼してくれたり、共感してくれたりするんですから。そのチャンスを棒に振るってる状態です。

記事を読みにきた読者の一定数の方が自己紹介ページを見てます。そんなときに、あなたの魅力が伝わらない自己紹介だと、それだけで集客に失敗する可能性があるんですね。

 

ちなみに僕の場合には、記事の中の簡潔自己紹介と、ショートバージョンの自己紹介と、ロングバージョンの自己紹介の3つを書いてます。

ロングバージョンは14000文字くらいになってるけど、それをちゃんと読んでから申込んでくれる方っていうのも時々いるんです。嬉しいですね。

 

ではどうやって、プロフィールを作っていけばいいのか? それにはポイントが3つあるから、それについてここから1つ1つ見ていきたいと思います。

 

この仕事をはじめた理由


まず魅力的なプロフィールを作るためには、あなたがその今やってる仕事をはじめた理由というのを、具体的にすることが大事ですね。

なんでこの仕事をすることにしたのか? どうして起業するに至ったのか? なぜほかの道ではなくこの仕事なのか? どんなきっかけがあったのか?

 

などなどのことを具体的にして、それを1つのストーリーとして書いていきます。この「ストーリーにする」という部分もしっかりとやってほしいですね。

例えば1つのストーリーとしては、「こんな問題があり、私はこう解決したから、同じ問題を抱えてる人の役に立ちたい」という流れのストーリーがありますよ。

 

例えば、「ある人と出会うことで人生が変わった話し」。「大失敗したけど、それを乗り越え成功した話し」。などなどいろんなストーリーがありますよね。

それをしっかりとプロフィールで伝えていくんです。僕の場合には、ショートバージョンとロングバージョンの自己紹介ページに書いてますよ。

 

自分と関わる人にどうなってもらいたいのか


それから次は、あなたがその仕事を通して関わる人たちにどうなってもらいたいのか?ということが具体的になると、プロフィールが魅力的に見えますね。

あなたが個人として何かしらのビジネスで起業してるなら、それなりの熱い想い、使命に感じてること、役に立ちたい人たち、自分がやりたいことがあるはずです。

 

だからこそ、その部分を隠さずにプロフィールでしっかりと伝えていくということ。プロフィールの最大にして、もっとも重要なポイントですよ。

熱い想いとか使命っていうと混乱しちゃう人もいると思います。だから難しく考えずに、「自分と関わる人にどうなってもらいたいのか?」という視点で考えてみてくださいね。

 

僕の場合には、ショートバージョンの自己紹介にミッションのことも書いてるけど、簡単に言うと「ビジネスでも私生活でも、その人の望む状態を作れるようになってほしい」ということが書いてます。

あなたは、あなたに関わる人、とくにお客さんにどうなってもらいたいですか? しっかりと具体的にして、プロフィールとして書いていきましょう。

 

安心・信頼感を与える


あとプロフィールの内容に必要なことは、読者となるお客さんに安心や信頼感を与えるための情報ですね。それを自己紹介として載せていきます。

やっぱり安心感や信頼を感じないと、そもそもあなたが書いたブログの記事の内容を信じられなくなりますからね。それは最悪な状態ですよ。

 

ではまず安心してもらうための情報だけど、これは基本的にあなたの略歴を伝えるということ。働いてた会社、前職、どこの卒業か、どんな資格あるのかなどなどのことですね。

さらに信頼してもらうために、あなたの今までの実績、経験などを書きましょう。これがあることで一気に信頼性って上がりますよ。

 

もう1つ自己紹介ページにあると良いのが、お客様の声ですね。顔写真付きのお客さまの声があることで、その自己紹介を信頼してもらいやすくなりますから。

あなたの自己紹介で、ちゃんと読者のお客さんに安心してもらい、信頼してもらえるだけの情報を十分に与えてくださいね。

 

ポイント

記事の中のプロフィールは、重要なポイントだけ抜き取って簡潔に書きましょう。さらに自己紹介のためのページを別に作って、そこで詳しいプロフィールを書くのが良いと思います。

 

ブログの書き方は1記事1テーマ


ここから見ていくことは、ブログの書き方で絶対の覚えておいてほしいポイントです。これを間違うと、読者を混乱させる記事になっちゃいますから。

それは「1記事1テーマの原則を守りましょう」ということ。これが、読者にとって価値のある記事を書くためには必要なんですよ。

 

タイトルと関係ないことは書かない

まず確認だけど、とにかく記事のタイトルを作って、それから記事を書いていってると思うけど、そのタイトルと関係ないことは書かないようにしましょうということですね。

例えば、「正しい食事で痩せやすいカラダを作る方法」というタイトルで書くなら、そのタイトルに関係のあることだけを書くこと。これが大事なんです。

 

それなのに、タイトルとは関係のない「痩せるにはジョギングで脂肪燃焼させるのが一番」とかいう内容を書くと、読者は「あれ?」となっちゃうんですね。

そうなってるブログの記事ってけっこう多いですよ。この間違いをしないようにして、あなたの正しいブログの書き方で記事を書いてほしいと思います。

 

読者が求めてるのは検索したキーワードのこと

読者となるお客さんが求めてる情報というのは、基本的に「検索したキーワードのこと」なんですね。それ以外のことは今は必要ないんです。

だから「食事 痩せる」というキーワードで検索してたら、食事で痩せる方法が知りたいわけで、ジョギングして痩せる方法なんていまは知りたくないということ。

 

読者を混乱させない書き方、さらにSEO対策としても、この「1記事1テーマで書く」というのは効果的なんですよ。

ちゃんと記事を書く前に、このことを意識しておくだけでも簡単にできるようになります。いろいろと1つの記事で書かないようにしてくださいね。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

記事が役に立ったら、いいね!お願いします: