自社商品を販売して、ブログから収益を得る方法!

記事が役に立ったら、いいね!お願いします:

ここでは、ブログを使ってどうやって収益を得ていくのか、どう自社商品を販売して収益化するのか、その基本的な考え方から基礎、さらに応用までをお伝えしていきます。

ブログ収益を得るためには、ちゃんと基礎を理解してから始めていかないと失敗しちゃいますよ。仕組みや収益モデルなども理解しておかないと、危ない橋を渡ることになりますから。

 

とはいっても、普通はブログから収益を得る方法なんて一般の人は学んできてません。だからみんな、はじめは素人からの始まりになりますよね。僕だってそうでしたから。

なのでこの記事では、ブログを収益化することの初心者の方でも分かりやすいように、分かりやすく詳しくお伝えしていきたいと思います。ぜひここで、ブログ収益化の基本を身に付けていってくださいね。

 

こんにちは、佐藤晶宏(さとう まさひろ)です。僕は個人起業家に、ブログを使った集客方法や、それぞれの起業家に合わせた集客方法を、おもに個別コンサルティングを通してアドバイスしてます。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

【第1章】ブログを収益化する基礎知識


まず第1章では、ブログを使って、どうやって収益を得ていくことができるのか、その基本的な知識についてお伝えしていきたいと思います。

ブログ収益化に失敗する人特徴や、3つの収益モデル、僕がブログ収益化のためにやってきた0~6ヶ月間のことなどを解説していきますね。

 

ブログの収益化に失敗する個人起業家の特徴


まずブログから収益を得ていくために覚えておいてほしいことは、失敗例です。どんなことをしてると失敗しちゃうのかということを見ていきましょう。

収益化を失敗する個人起業家には、ちゃんと特徴っていうものがあるんです。それを知ることで、いらない失敗をしなくて良くなりますよ。

 

ブログ収益の仕組みを理解してない

まずは、ブログから収益を得ようと思ってるのに、ブログからどうやったら収益を得られるのかの仕組みを理解してないということが挙げられますね。

ブログもちゃんと使っていくためには、ある程度の専門的な知識が確実に必要になります。それを知らずに収益を得ようなんていうのは無理な話しですよ。

 

例えば、どんな記事書けばいいのか、何を準備すればいいのか、どうアクセスを増やしたらいいのか、収益化のモデルには何があるのか、基本的な集客方法などのことですね。

今挙げたものは、ブログから収益を得るためには最低限知っておかないといけない、最低限学ぶ必要がある基本ですよ。本気でやるならしっかり学んでいきましょう。

 

PV・アクセスアップ方法を知らない

次は、ブログにPV・アクセスを集める方法を知らないというものですね。これはブログの収益化を失敗する致命的な原因になっちゃうものです。

ブログは書けばいいってものじゃなくて、あなたの書いたその記事を多数の人たちに読んでもらわないといけないんです。そうしないと記事がある意味すらありませんから。

 

そのためには、PV・アクセスアップをしていかないといけないんだけど、そこで多くの個人起業家は「難しい」「面倒くさい」とかで壁にぶち当たって動けなくなっちゃいます。

ブログのPV・アクセスアップには、SEO対策やSNSの活用、広告や紹介などたくさんの方法があります。それを学んでいくことが大事なんですね。

 

収益出るまで続けられない

それから、ブログの収益を得られるようになるまで続けられないということも、収益化を失敗する個人起業家によくある特徴ですよ。

実はブログというのは、記事書いたらすぐに結果が出るというものじゃないんです。1週間や1ヶ月で収益を得られるようになるというものじゃないんですね。

 

だから、頑張って毎日記事書いてるのに、1ヶ月経っても結果が出ないということでやる気がなくなってきて、途中で諦めちゃう人がかなり多いんです。

でもブログから収益を得る最大の秘訣は、正しい方法を使って、毎日コツコツ長期的に続けていくことにありますよ。途中であきらめたら絶対にうまくいくわけないですから。

 

読者視点に立ててない

あとは、読者視点に立ててないということも、ブログからの収益化に失敗する個人起業家にはよくある特徴の1つになってますね。

ブログをはじめると、みんな「自分のこと、自分の書きたいこと」を書いちゃうんだけど、それだとブログから収益を得るのは難しくなっちゃうんです。

 

なんでかというと、ブログというのは読者が求めてるものを提供するものだからですね。読者は、読者自身が知りたいこと、求めてることをブログ記事で探してるんです。

だからはっきり言って、それ以外のことが書いてあったって興味湧きませんから。読者視点に立ててないブログをやると、それはただの日記になっちゃいますからね。注意してほしいと思います。

 

ブログ収益モデルの3つのパターン


ここまでで、ブログの収益化で失敗する個人起業家の特徴を見てきました。これから見ていくことは、ブログをどうやったら収益化できるのかの仕組みについてです。

大きく分けると3つのパターンがありますよ。その中でも、僕がもっともオススメしていて、この記事のテーマにもなっているものをまず1番はじめにお伝えしたいと思います。

 

オススメ:モデル1「自社商品の販売をする」

まずは僕がもっともオススメしてる、自社商品をブログで販売して、そこから収益を得ていくというパターンになりますね。個人起業家にはもってこいのモデルです。

これは詳しく説明しなくても分かるかもしれないけど、一応簡単にどんな流れになってるのかをお伝えしていきますね。

 

あなたが販売したい商品やサービスがあり、それに関連したブログ記事を書いて、あなたの販売してる商品やサービスに興味がある読者を集めて、無料や有料の商品やサービスに誘導して収益化していく流れです。

正直な話し、すでに個人起業家として販売してる商品やサービスがあるなら、これがもっとも手っ取り早いし、もっとも高収益を挙げられるモデルになりますよ。

 

モデル2「広告収入を得る」

次によくあるブログ収益化のモデルは、広告収入を得るというものになりますね。これはかなり多くのブログ運営者が実践してるモデルになります。

流れとしては、あなたのブログに、あなたが興味あることや、あなたの専門分野のことでアクセスが集まるように記事を書いて、「Googleアドセンス」などの広告を張り付けていくタイプが多いですね。

 

これの特徴は、その広告がクリックされただけで収益が発生する形になってることです。だから比較的、早く収益を得られるモデルだとも言えますよ。

その代わりに収益率は低いから、月収10万円とかの収益を安定的に得るためには、ビックリするくらいのアクセス数が必要になるのが難点ですね。

 

モデル3「アフィリエイト収入を得る」

それから3つ目のモデルは、アフィリエイトをしていくというものになります。これも、かなり多くのブログ運営者が使ってる収益化のモデルですよ。

ブログのアフィリエイトというのは、あなたのブログ経由で他社の商品やサービスを売ることで、その売上の何割かを頂くというものです。そういったシステムがあるんですね。

 

例えば、「Amazon、楽天、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)、バリューコマース、A8ネット、もしもアフィリエイト」などがありますね。

こういったところで、ブログで紹介する商品やサービスを選んでブログに張り付けて、あとは売れるのを待つだけになりますよ。そのためにはまた、たくさんのアクセス数が必要になるのは言うまでもありませんよね。

 

ブログからの収益を得るためにやったこと


ではここからは、僕自身がどうやってブログから収益を得られるようになったのか、そのためにどんなことをしたのかについて、お伝えしていきたいと思います。

やらなくちゃいけないことはたくさんあるけど、とりあえず最低限はこれだけやっていくことで、僕の経験上結果の出たことを解説していきますね。

 

ブログ集客方法を学んだ

まずはじめにやったことは、とにかくブログからの集客方法・収益化方法を学んだことですね。ここが抜けてると絶対にうまくいかないですから。

手始めに、ブログ集客方法関係の本をたくさん買って読んでみて、専門家のブログやメルマガを読んでみて、有料教材なども買ったりして、たくさん学びました。

 

学び始めたころは毎日のように4~6時間は少なくとも学んでましたね。本は毎月15冊くらいは読んでましたから。今でも学び続けてますよ。

そうやって学んでいくことで、ブログから収益を得るための基本的な知識が理解できるから、この学ぶというステップは絶対に通るべき道だと思います。

 

何書くかをリサーチした

次にやったことは、ブログ収益化方法を学んでたときに重要なポイントだと書いてあったから、どんなことを記事の書くのかのリサーチを始めていきました。

僕の場合には、記事に書く専門分野は決まっていたから、その分野に的を絞り、ターゲットの選定とか、ターゲットのリサーチとか、競合の記事のリサーチとかをしていきました。

 

これには約1週間くらいかけてたと思います。ノートとペンを用意して、パソコンでネットを検索しながらリサーチして、ノートにびっしり書き込んでいく感じでしたね。

100ブログくらいはリサーチすべきだと書いてあったら、それをそのまま実践したら1週間くらいかかったんです。これはかなり大変な作業でしたよ。

 

うまくいってるブログを真似た

それからやったことは、うまくいってるブログ、すでに収益を得ていそうなブログを見つけて、そこを真似ていくということをしていったんです。

どんなことでもそうだけど、うまくいってる人を真似るのが上達する近道って言いますからね。成功してて、僕自身が気に入ったブログを5つくらい選んで、それを真似ていきました。

 

具体的には、ブログのメニュー内容とか、記事のテーマとか、記事に書いてある内容のアイディアとか、ブログの構造とか、無料や有料の商品やサービスのアイディアとかですね。

これを書き出していくだけでも、「こんなことを書けば良いんだな」ということが見えてきますから。ポイントは、どんな要素でも丸パクリするのはダメだということですよ。

 

すでに結果を出してる人から指導してもらった

あと次にやったことは、すでにブログからの収益を得ることで結果を出してる人から指導してもらったということですね。

これがもっとも大事なポイントだと思います。どれだけ学んでも、自分一人じゃあ分からないことってたくさんありますから。客観的に見てくれる人が必要なんです。

 

簡単に言うと、個別にアドバイスをしてくれるコンサルタント、専門家に相談するということですよ。もちろん有料のコンサルティング契約をするべきです。

僕が結果を出せたのは、はっきりいって個別に指導してもらうようになってからですから。もしご興味あれば、僕の個別相談も活用いただければと思います。

 

徹底的に実践した

リサーチしたり、アドバイスしてもらえる人を見つけたら、あとはどんどん徹底的に実践していくことをやっていきましたね。

僕がブログからの収益を得られてなかった頃は、この実践量というのが圧倒的に足りてなかったという原因が1つとしてありますから。毎日2時間くらいしかブログを使ってなかったです。

 

でも結果を出せるようになったのは、毎日6~8時間くらいブログを使っていくようになってからなんです。これだけやれば結果を出していくのは時間の問題ですね。

自分で学んだこと、さらにコンサルタントから指導してもらった通りに実践していくことで、ブログからの収益化に成功したんです。これが僕がやってきたことですよ。

 

実例:ブログ収益化の6ヶ月間の結果


これから見ていくことは、あなたにブログから収益を得ることの現実を知ってほしいということですね。ブログはあっという間に楽して儲けられるような代物ではないんです。

淡い期待をしないように、ここから僕がブログを本格的に始めてから6ヶ月目までの結果をシャアしたいと思います。すぐには結果が出てないことが一目でわかりますから。

 

1ヶ月目の結果

まず1ヶ月目は、ブログ記事を約5記事書きました。それぞれの記事は文字数は7000文字以上とボリュームのある記事ですね。記事を書くときはしっかりとSEO対策をしていきました。

アクセス数はというと、自然検索(SEO対策)からは0人、SNSや広告は使っていないから他からのアクセスは一切ない状態です。もちろん収益は0円ですね。

 

2ヶ月目の結果

2ヶ月目に入ると、さらに記事を5記事、それぞれ7000文字以上の記事を書いていきました。記事数の合計はこれで10記事です。

結果はというと、アクセス数は5人になりました。この5人は自然検索(SEO対策)から来て頂いた方たちですね。ただこのアクセスは2ヶ月目の終わりまじか。この数じゃあ収益も0円です。

 

3ヶ月目の結果

3ヶ月目に入ると、ブログ記事をさらに3記事書いて、さらに今まで書いてきた記事に追加コンテンツを入れて更新するという作業をしました。合計記事数は13記事で、それぞれが1万文字くらいになりました。

結果は、アクセス数は40人になりました。1つのキーワードだけは、狙ったキーワードでの検索順位も3位くらいになり、メルマガ登録者も2人増えた感じです。まだ収益は得てません。

 

4ヶ月目の結果

4ヶ月目からはかなり頑張りましたね。この月は記事を10記事新しく書いて、さらに今までの記事に追加コンテンツを入れての更新もして、毎日6時間~8時間はブログを使うようになりました。合計記事数は23記事です。

結果は、アクセス数は153人になり、メルマガ登録が8件あり、無料個別相談への申込みを1件獲得しました。でもまだ収益にはなってませんね。早い人ならこのくらいで収益を得られるんだけど、僕がSEO対策で狙ったキーワードは競合が強かったから時間かかった感じです。

 

5ヶ月目の結果

さらに5ヶ月目でも、ばっちりSEO対策してある新しい記事を10記事書いて、今までの記事の更新作業もしていきました。合計記事数は33記事ですね。

アクセス数は300人を超え、メルマガ登録者は12件獲得、無料個別相談への申込みは2件獲得し、1件が契約になり、ついに収益を得られる状態になりました。この時は54万円の収益です。自社商品だからこそ利益率が高いんですね。

 

6ヶ月目の結果

初の収益が得られた翌月の6ヶ月目では、またまたさらに10記事書いて、今まで書いた記事の更新作業もして、ちょっと楽しくなってきたときでした。

アクセス数も500人を超えてきて、メルマガ登録者も23人獲得、無料個別相談への申込みは4件獲得して、2件の契約を頂き、月の収益が100万円を越えるようになったんです。ここからはビジネスが安定していきましたね。

 

とはいっても、ここまでで6ヶ月間かかってますから。1ヶ月目や2ヶ月目なんてまったく収益を得られてませんでしたよね。これが現実なんです。

もちろん頑張りの量と質、業種やキーワード、ほかのアクセスアップ方法も使うなどしていけば、もう少し早く結果を出すこともできるけど、「すぐ結果が出る」という期待はしないでほしいなと思います。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

【第2章】ブログ収益を得るための実践ステップ


この第2章では、第1章で見てきたブログからの収益化の基本をもとにして、どうやって実践していけばいいのかということを見ていきましょう。

基礎が分かってることと、実際にやってみるというのは違いますからね。まずはブログからの収益を得る実践ステップの基本をやっていきたいと思います。

 

自社商品を販売して収益を得る3ステップ


ではまずここでは、この記事のテーマである「自社商品を販売して収益を得る」ための3ステップについて詳しくお伝えしていきます。

ちゃんとステップ1~順番に実践していかないと、収益を得られるブログにしていくことができなくなっちゃうから、1から順番にやってほしいなと思います。

 

『ステップ1』誰に向けたブログにするの?


ブログ収益化の実践ステップ1は、あなたのブログを誰に向けたブログにするのかを決めるというステップになります。

この「誰に向けた」という部分が決まってないと、はっきり言って自社商品を販売して収益をブログから得ていくのは難しくなっちゃいますからね。

 

ターゲットは誰?

まずあなたのビジネスのターゲットは誰ですか? どんな人があなたの商品やサービスを求めてるでしょうか? このことをしっかりと考えてみてください。

あなた自身が、どんな人の役に立ちたくて、逆にどんな人はお客さんとして相手にしたくないのかも具体的にしていくと、あとあと嫌な思いをしなくて良くなりますよ。

 

ターゲットの決め方での基本は、性別で分ける、年齢で分ける、地域性で分ける、問題や欲求で分ける、趣味や興味や関心で分ける、職業で分けるなどがあります。

自社商品を販売してブログから収益を得る基本は、「ターゲットに向けたブログにすること」にありますよ。まずとにかく、誰をターゲットにブログを運営するのか決めましょう。

 

悩みや欲求を知ろう

ターゲットを決めたら次にやることは、そのターゲットのことをもっと知るための、ターゲットのリサーチをしていくということになりますね。

具体的に何をリサーチすればいいのかというと、あなたのターゲットが「何に悩んでる?」「どんな問題や不安を抱えてる?」「どんな痛みを避けたいと思ってる?」などの、ターゲットが解決したいと思ってることについてが1つです。

 

もう1つは、あなたのターゲットが「どんな欲求があるか?」「何を実現したいと思ってる?」「どんな願望を持ってる?」「どんな快楽を得たいと思ってる?」などの、ターゲットが満たしたいと思ってることについてです。

この2つのことを徹底的に調べていくことで、どんな記事を書けば良いのか、どんな言葉を使ってブログの記事を書けば良いのかがはっきり見えてきますよ。それがターゲットに響く、共感する記事になっていくんですね。

 

現状とゴールはどこ?

さらに調べてほしいことは、あなたのターゲットとしてるお客さんが、どんなゴールを求めていて、今どんな現状にいるのかということですね。

ビジネスの基本は「お客さんの問題解決」にあります。問題解決というのは、今の現状で抱えてるその問題を解決することで、望んでるゴールに導く手助けをすることですよ。

 

だからこそ、ブログからの収益を得るためには、ターゲットの求めてるゴールがどこにあるのかということと、今の現状を知る必要があるということ。

あなたのターゲットは、どんなゴールを求めてあなたの商品やサービスを買うかどうか検討するんですか? 今の現状はどんな状態なんですか? ここをはっきりさせていきましょう。

 

Q&Aサイトなどを調べる

ここまででターゲットの問題や欲求、ゴールや現状を知ろうとお伝えしてきましたら、どうやってそれを調べたらいいのか分からないと思います。

なのでここで、僕がオススメする3つの調べ方をお伝えしますね。どれも僕がリサーチするときに使ってる方法になりますよ。

 

Q&Aサイトを調べる」

これはネット上にあるQ&Aサイトのことですね。そこにはたくさんの質問と回答が書いてあります。そこの質問のほうを調べていくんです。あなたのターゲットがどんな質問をしてるのか調べてみましょう。

 

「競合のブログやメルマガを調べる」

次は、あなたの競合となる起業家がやってるブログやメルマガを調べていきましょう。うまくいってる起業家のブログやメルマガには、読者が知りたい内容のことが書かれてます。つまりターゲットの問題や欲求に合わせた内容のことが多いということですね。

 

「ターゲットに直接聞く」

あとは、これがもっともターゲットのことを知る方法で強力なんだけど、ターゲットに直接インタビューして聞いてみるということですね。深いところまで質問したりすることで、本音を聞き出すことができます。ぜひチャレンジしてみてほしいなと思います。

 

『ステップ2』魅力的なオファーの提案


ステップ1ではターゲットについて見てきました。ここからのステップ2では、あなたがそのターゲットにどんなオファーを提案するのかについて見ていきますよ。

オファーっていうのは、商品やサービス、価格、特典、保証、アフターサービスなどのすべての取引条件のことを言います。これをいかにターゲットにとって魅力的にできるかで、ブログからの収益化に大きく影響しますからね。

 

オファーはターゲットに合わせる

まず覚えておいてほしいことは、オファーを作っていくときの基本は、「オファーはターゲットに合わせる」ということですね。

簡単に言うと、ターゲットが求めてるものをオファーにしようということ。これができてないと、誰も求めてないオファーを作る羽目になりますから。

 

よくある間違いは、自分が提案したいものをオファーにしちゃうというもの。ただ自分の自信作、自分の熱い想い、使命やミッションをオファーにしちゃうんです。

でもこれをオファーにするのは自己満足以外の何物でもないですよ。これじゃあブログから収益化なんてできませんから。大事なことは「ターゲットが求めてるものをオファーにする」ということですよ。ターゲットが求めてるものって何ですか?

 

お客さんと約束できる結果や成果は何?

オファーを作るときに、もう1つ覚えておいてほしいことがあります。それは、ターゲットが求めてるものは商品やサービスなどのオファーそのものじゃなくて、そのオファーが与えてくれる成果や結果だということ。

これはよくベネフィットと呼ばれるものですね。あなたの商品やサービスなどのオファーを買うことで、どんな成果や結果を得られるのかが、ターゲットには重要なんですよ。

 

例えば、あなたがコップを買うのは、ただコップというものが欲しくて買うわけじゃないですよね? コップを買うことで、よりオシャレな気分でコーヒーを家で飲みたいという結果とか、ただ単に紅茶を飲みたいという結果を求めて買ってるはずです。

あなたのターゲットとしてるお客さんも同じなんですよ。あなたのオファーの先にある結果や成果が欲しいんです。そここそもっとも大事なポイントなんですね。

 

あなたがお客さんに約束できる結果や成果って何ですか? どんな結果や成果をお客さんと約束することで魅力的なオファーになりますか? しっかり考えてみましょう。

ただここで間違っちゃいけないことは、大げさな、嘘っぽい、大き過ぎる約束はしなくていいということ。小さくても良いから、100%実現可能な成果や結果の約束をしてほしいと思います。

 

あなたが力を入れてることは何?

それから、あなたが作るオファーに入れてほしいことは、あなたがどんな部分に力を入れて商品やサービスを提案してるのかということですね。

これは簡単に言うと、「こだわりの部分」になりますよ。この力を入れてるこだわりの部分をちゃんとオファーに組み込むことで、独自性あるオファー、USPと呼ばれる強みがあるオファーになるんです。

 

ただここでも、多くの個人起業家は間違っちゃうんですね。その間違いというのは、「ターゲットが求めてない部分をこだわっちゃう」ということ。これじゃあ意味がないんです。

オファーを作る基本はターゲットが求めてるものを提案すること。だから、この「こだわり」の部分にも、ちゃんとターゲットが求めてるものを反映させてあげないといけないんですね。

 

段階を踏んだオファーを作ろう

あとブログから収益を得るためのオファー作りでやってほしいことは、段階を踏んだオファーを作っていくということですね。

段階というのは、まずは買いやすい低価格の商品を提案して、そのあとでメインの商品を提案して、さらに次にリピートしてもらうための商品を提案するという、最低でも3段階のオファーを作るということ。

 

オススメは、まず無料オファーを作る、そのあとで低価格の有料オファーを作る。最後にメインとなる高収益を得られるオファーを作るという流れですね。

大事なポイントは、すべてがつながってることです。どんどん次のオファーが欲しくなるような状態になるように作っていくことを忘れないように作っていきましょう。

 

『ステップ3』アクセスを集める記事を書く


ステップ1でターゲットを決め、ステップ2でターゲットが求めるオファーを作ったら、このステップ3ではブログに書く記事についてをやっていきますよ。

ポイントは、「アクセスを集めるための記事を作る」ということ。ただ何となく記事を書いたって、ブログから収益を得ることはできないから、ここでコツを押させておいてほしいなと思います。

 

SEO対策用のキーワードを決めよう

でははじめにやっていくことは、SEO対策用のキーワードを決めていくというステップですね。ここを決めることが、ブログ記事を書くもっとも初めのステップになります。

SEO対策用のキーワードっていうのは、あなたがお客さんから「どのキーワードで検索されたときに上位表示させるのか」のキーワードを決めるということ。では詳しく見ていきましょう。

 

上位表示させたいキーワードは何?

まず考えてほしいのは、あなたが上位表示させたいと思うキーワードを考えてみるということですね。どのキーワードで検索されたときに、お客さんに見つけてもらいたいのかということ。

SEO対策をしてアクセスを集めるときには、お客さんはあなたのブログ記事を、「何らかのキーワードを検索して見つける」という流れできます。そのキーワードを最低でも10個は考えてみてくださいね。

 

キーワードのリサーチ

次にやることは、キーワードをリサーチしていきます。実際にどんなキーワードを使って検索されてるのかなどを調べていくんですね。

これにはGoogleが無料で提供してるキーワードプランナーというものを使えば、簡単に調べることができるんですよ。どんなキーワードが検索されてるのか、しっかりと調べていってほしいと思います。

 

検索量

さらにキーワードプランナーを使って、あなたが「このキーワードで上位表示させたい」というものが見つかったら、そのキーワードの検索量も見ていきましょう。

はじめは10~100未満の検索量のキーワードを狙うのが良いですね。本気で実践するなら、100~1000、1000以上のキーワードも狙っていくのが良いと思います。もちろん検索量が多いと競合も強くなるから、上位表示させるのは難しくなりますね。

 

競合性

また競合性というものも、あなたが上位表示させたいと思ったキーワードをキーワードプランナーを使って調べていってほしいなと思います。

これは広告なども含め、どのくらいそのキーワードでの上位表示を狙ってる起業家・企業がいるのかを示すものですね。もちろん競合性は「低」なってるものを狙うのが上位表示は狙いやすいですよ。ただ長期的に見て競合性が「中」「強」になってるものも狙ってみましょう。

 

候補&関連表示されるキーワード

あとキーワードで調べてほしいのは、検索窓にキーワードを打ち込んだ時に「候補」として出てくる候補キーワードと、検索結果の下のほうに表示される関連キーワードです。

この候補&関連キーワードも、含めて記事を書いていくことでSEO対策としても強くなって、上位表示されやすくなっていきますよ。しっかりと調べておきましょう。

 

競合サイトのリサーチをしよう

ではSEO対策するためのキーワードを何にするか決めたら、ここからやっていくことは競合サイトのリサーチですね。これは忘れちゃう個人起業家が多いですよ。

でも競合がどんなブログをやってるのかを分からないと、どのくらいのブログを作ればいいか分かりませよね。だからこそまず競合サイトのリサーチが必要になってくるんです。

 

競合サイトがどれかを調べる

まずリサーチするのは、あなたが上位表示を狙ってるキーワードの競合サイトがどこなのかということ。これは簡単に調べられますよ。

Googleの検索窓にあなたが狙ってるキーワードを打ち込みましょう。そこに表示されるサイトは、すべてあなたの競合サイトとなります。最低でも上位20サイトはリサーチしてくださいね。

 

競合サイトの記事内容をリサーチ

次にリサーチするべきなのは、あなたの競合サイトがどんな記事を書いてるのかということですね。これはしっかりと細かくリサーチすることが重要ですよ。

最低でも上位20サイトくらいは調べてみましょう。大まかにではなくて、細かく1つ1つの記事の要素をノートに書き出していってほしいと思います。やろうと思えば、1つの記事からでも10や20くらいの要素を見つけられますから。

 

競合サイトのタイトルや小見出し

記事の内容をリサーチしたら、さらに記事タイトルと小見出しもリサーチしてほしいと思います。記事タイトルや小見出しというのは、SEO対策ではすごく重要な要素になってくる部分ですからね。

どんな記事タイトルが上位になってるのか、どんな記事タイトルの構成なのか、どんな小見出しを使ってるのか、小見出しの使い方はどうなってるかなどを調べてみてください。これも最低でも20サイトは調べてみましょう。

 

競合サイトには載ってない内容は何?

あとは、あなたの競合となるサイトには載ってない内容、書かれてないことにはどんなものがあるのか?ということも、ここでリサーチしてほしいなと思います。

どんなに素晴らしい記事でも、「もっとこういった内容があったら読者の役に立つだろう」と思う内容がありますよね。それを何個でも良いから、思いつくだけすべて考えて書き出していきましょう。

 

競合を上回る価値の記事を書こう

SEO対策用のキーワードを決めて、競合サイトのリサーチもしてきたら、ここでやっていくことは競合を上回る価値の記事を書いていくという段階ですね。

上位表示させる基本は、競合サイトを上回る価値の記事を書くことにあります。それを書くために、どんなことをすればいいのかをここでお伝えしていきます。

 

大まかに記事の流れを決める

まずは、今までリサーチしてきたことを参考にしながら、実際にどんな記事を書いていくのかの、大まかな記事の流れを決めていきましょう。

どんな流れなら読者が読みやすいか、読者が興味示してくれるか、読者が読み続けてくれるかを意識しながら、大まかでいいからまずは記事の流れを考えてみてくださいね。

 

記事の目次を決める

次にやるのは、記事の目次を作っていくことですね。実はこの目次をはじめに作るということが、価値のある記事を書き続けるための秘訣だと僕は思ってます。

今までリサーチしたことをもとにして、そのすべてを盛り込むくらいの気持ちで、おかしな流れにならないように、できる限り細かく目次を作ってほしいと思います。記事の目次は、ここまででリサーチした競合サイトの小見出しを参考にして、さらにあなたが選んだSEO対策用のキーワードを含めて作ってみましょう。

 

記事タイトルを作る

記事の目次を作ったら、次は記事タイトルを作っていきましょう。この記事タイトルにも、あなたが選んだSEO対策用のキーワードを組み込んで作ることが大事ですよ。

これも競合サイトが使ってる記事タイトルを参考にするのが、もっとも簡単で作りやすいと思います。もちろん丸パクりじゃなくて、あなたなりにアレンジを加えて作ってくださいね。

 

記事を書く

目次もタイトルも決まったら、あとは記事を書いていくという段階に入っていきますね。目次を元にして、それを1から順番に書いていってほしいと思います。

はっきり言ってここは、目次をできる限り細かく作っておけば、かなり楽に書くことができますよ。しっかりと競合サイトの記事を上回る記事を書いていきましょう。

 

写真や画像や統計、文字の色や大きさや太さを使おう

あと競合サイトの記事よりも価値のある記事を作るためには、写真、画像、統計などの視覚的に訴えることができるものを使うと、だいぶインパクトがあり分かりやすい記事を作れますね。

文字の色を変えたり、大きさを変えたり、太文字を使うなどすると読みやすく見なるから、ぜひ使ってほしいと思います。ただ、文字色も大きさも太さも、1つの記事で変えすぎると逆に読みにくくなるから、文字色は3色まで、大きさも3つまで、太さも時々使うくらいにしたほうが良いですよ。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

この記事のまとめ


いかがでしたでしょうか?

この記事では、どうやったらブログで自社商品を販売して収益を得られるのかの、基本的な考え方や実践方法をお伝えしてきました。

もちろん、もっと細かい部分のテクニックとか方法というものはあるんだけど、そういったものを使うのは、この記事に書いてることができてることが大前提になります。

 

SEO対策用のキーワードでは、競合性が低いキーワード、検索数の少ないキーワードとかなら、この記事で書いてる基本をちゃんと実践するだけでも上位表示させることも可能ですよ。

ただブログ自体をSEO対策してる形にしておくことも必須の条件になります。そのことはこの記事ではお伝えしてないから、次に記載してる記事を参考にしてほしいなと思います。

SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

個人が集客できるブログの作り方

wordpressブログで集客をうまくやる方法

 

あなたはこの記事を読んだということは、もうすでにブログで自社商品を販売して収益を得る方法の基本を理解してる状態にありますよ。

あとは学んだことを、どんどん実践に移していくだけです。そしてそれを続けていくことができれば、ブログから収益を得るという結果を得られるんですね。

 

この記事でもお伝えしたけど、ブログは「すぐに、あっという間に、楽に、簡単に儲かる」というような代物じゃないですよ。時間をかけて育てていくものだと覚えておいてくださいね。

もし何か、この記事を読んで分からないこと、質問や疑問があった時は、僕は個別相談もしてるので、そちらを活用していただければなと思います。

 

無料→ブログやSNSから毎月80人以上を集客できる!「売れる集客商品の作り方」無料レポート:詳しくはこちらから

オススメ記事→SEO集客はコンテンツが鍵!基本的なSEO対策方法

オススメ記事→これだけやれば大丈夫!ブログ集客のコツ

 

記事が役に立ったら、いいね!お願いします: